カいさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ16件目 / 全186件次へ »
ブログ

交叉



最近、交叉系の動きを研究している。
右足と左手、左足と右手が同時に出る動き。
並行系と比べて各パーツが小さいために速いでなく早い。
逆に並行系の動きは重い。
形意拳の跟歩というのはこの交叉系の動作を生むテクニックなのではないかと思う。
ボクシングのワンツーというのがあるが、交叉から並行につなげて行うと一歩で二手打ててしまうので交叉の連続や並行の連続よりも早く、ツーの威力も確保出来るように思える。
並行の動きだと打った後にガードに戻すのが遅くなりがちなので、あんまりボクシングっぽくはないけどね。
形意拳でいう崩拳がひょっとするとこのテクニックを使ってるのではないかなどとも思う。
だとすると劈拳、サン拳よりも崩拳の方が重いことになる。
重みで相手の体勢を「崩」すということかも知れない。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。