収益性
0
活発度
0
人気度
53
収益量
0
投稿量
78
注目度
57

jojuさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ1274件目 / 全1494件次へ »

TPPと円高政策の組み合わせは最悪 ー脱日本が企業成長の鍵ー

 増税前のめり、バラマキ指向、そして何よりも通貨供給量の不足放置、、、つまりはデフレ・円高政策。 

 民主党政権が続く限り、景気には下押し圧力がかかり続ける。

 過剰円高持続で持続的に成長出来る企業はない。

 

 空洞化進行で国内経済が伸び悩む=国内の購買力が伸び悩む以上、円高で仕入れ値が安くなっても焼け石に水である。

 海外投資収益も円ベースでは目減りするうえ、国内経済停滞なので投資を還流させる誘因が起きにくい。 あっても日本国債に寝かせるので死に金になる。 国内経済活況化には効かない。

 むしろ、政府のバラマキ原資となり、過剰供給状態を持続させてしまう(ゾンビ企業、ゾンビ事業の延命)。

 

 TPPで貿易自由化が進んでも、過剰円高政策そのままでは国内産品は輸入品に負けまくる。

 国内経済は焦土化するでしょう。

 既に海外シフトしている大企業は逆輸出で儲かるが、国内にいる人間(ほとんどの日本国民)にはデメリットのほうが大きい。

 TPPのような良い政策も、政策の組み合わせを間違えると、悪い政策に化けるのです。

 薬の飲み合わせと同様、政策も組み合わせが重要。

 

 なので、TPP交渉に参加は良しとしても、それが具体的に発効されるまでには、悪しき政策組み合わせを変えるべきでしょう。

 デフレ円高政策を出来るだけ早急に転換させる必要があります。 つまり、通貨供給量を諸外国並みに増やす必要があります。

 意味のない為替介入でカモフラージュしてまで、デフレ円高政策を続ける民主党政権では、この政策組み合わせを変えることは期待薄。

 

 彼ら左翼政党は、貧乏人を大量生産し、格差拡大をしなければ支持率を高められない。

 経済を良くして、貧乏人を減らしたり格差縮小となっては、左翼政党の存在感は薄まる。

 左翼政党が、口先と裏腹に、経済悪化政策をこそこそ進めるのは必然的流れです。

 

 だから、現状の打開策は政権交代しかないのです。

 左翼政党、社会主義政党の影響力をどれだけ削げるかに、ほぼ全ての日本人の、この先の生活がかかっています。

 これは、今のデフレ下で賃金横ばいを謳歌(=実質賃金は増大)している公務員も例外ではない。

 公務員賃金の原資は税金であり、税金は経済に左右されるゆえ。

 

 

 野田政権、、任期満了まで選挙を持ち越すとは思えないので、来年あたりに選挙があるかもです。

 これで民主党が勝つと、かなり酷いことになりそう。

 

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    マクロ分析
登録日時:2011/11/12(10:44)

 通報する

このブログへのコメント

1~2件 / 全2件

  •  通報する

    2011/11/12(12:10)

    マスメディアを何とかしないと、「財政再建には増税」っていうふざけたロジックに国民がそれは嘘だとなかなか気づかないんじゃないかな~。

    デフレ、自国通貨建て内債、過剰貯蓄の日本と、欧州の財政不安の国とを同列に論じる風潮を変えないとね。

    デフレの国が財政再建したいなら、インフレに持っていくのが普通だと思うけどなー。
  •  通報する

    2011/11/12(21:11)

    どうもです。

     

    全く仰るとおりです。

     日本のマスゴミは左翼系が多いから、増税路線=政府肥大化路線=デフレ強化路線のおかしなロジックは変わらないでしょうね。

     

     自分の頭で考え、マスゴミ論調のクレージーさに気がつく有権者が増えなければ状況は変わらないでしょう。

     

     

     でも、そういうことを言う論者も増えているから、少しずつは良くなっていくのかも、です。

     

     2~3割、そういう有権者がいれば政治はかなり良い方向に動くと思います。

     ネットがない時代で、かつマスゴミに左翼論調の嵐が吹き荒れた昭和40年代でもそうでしたから。

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。