収益性
0
活発度
48
人気度
51
収益量
0
投稿量
71
注目度
51

映画ずきのしんちゃんさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ228件目 / 全1057件次へ »
ブログ

上値重く

19日の日経平均は8772.54(+30.63) 雲の下 基準線 転換線8687の上 ボリンジャー プラスσ 8784のすぐ下、MACDはゼロライン手前で横ばい RCIは上昇。転換線が基準線を上抜けたが、雲が下に垂れ込めておされてきており、商いも細く、このまま節目を維持できるかどうか微妙な形勢。MACDがゼロラインのちょうど下で足踏みしているのが、象徴的だ。いい材料があれば、雲に突入してゆけるが、なければ押されて下降局面に転換しそうな様子である。週足は転換線8720を抜けたが、雲、基準線のはるか下にあり、転換線まで押し戻されそうな形勢。

ダウは11504.62(-72.43) 雲の中 基準線 転換線11270の上 ボリンジャープラスσの上 MACD RCIは上昇。 目先雲の上限I11678で頭を抑えられて下げており、なお節目を守って上昇基調を維持しているものの、上値は切下がっている。週足は基準線11640で頭を抑えられており、中期の基調転換はなかなか難しいという状況。

ドル円は76.74 雲 基準線 転換線の下 ボリンジャー TPの近辺、MACDは横ばい RCIは下落。見事にTP25日線(76.52)のほぼ上あたりで下髭上髭をだした十字線になっており、煮詰まってきた印象。バンドも狭まっており、なんらかの材料でどちらかに均衡が破れそうに思われるが、どちらも抵抗が重い。ただし週足は依然転換線76.97の下で円高基調である。

ユーロ円105.45 雲の下 基準線 転換線104.65の上 ボリンジャー プラスσの下 MACD RCIは上昇。短期はなお節目を守っているものの、週足転換線106.3はを維持できずに下に割れてしまっている。

ギリシャではデモが暴徒化してきており、スペイン、イタリアの国債の格下げもあいつぎ、欧州債務危機が鎮静化に向かうかどうかは、予断を許さない。VIX指数は再び35あたりまで上昇してきており通貨危機の水準になってきている。EFSFの規模がどこまで拡大できるか、注目だ。地区連銀報告もさえず、中期の基調転換はなかなか難しそうだ。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。