収益性
64
活発度
0
人気度
0
収益量
54
投稿量
50
注目度
50

天地人さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ2034件目 / 全3681件次へ »
ブログ

2011年9月21日(記録のみ)

日経平均 ; 8741.16 (+19.92)
TOPIX ; 757.13 (+2.09)
JASDAQ指数 ; 1191.45 (-1.72、2日続落)
マザーズ ; 405.34 (-6.17、2日続落)

本日は記録のみ。台風による首都圏の混乱に巻き込まれて、ひどい目に合いました。3月の震災の経験が唯一活かされたのは、携帯の補助充電器を持ち歩いていた事くらいですかね。3月は携帯の電池が途中で切れて使えなくなって焦りましたが、今回は余裕がありました。

-------------------------------

日経平均19円高、アジア株高で一段高も上値重い=21日後場
9月21日(水)15時19分配信 モーニングスター

 21日後場の日経平均株価は前日比19円92銭高の8741円16銭と小反発。上海総合指数の上昇率が2%を超え、投資家心理がやや改善して強含みで推移した。ただ、FOMC(米連邦公開市場委員会)の結果公表を前に積極性は乏しく、上値も重かった。中国株の急上昇の要因も「値ごろ感などとはっきりしないため、深追いはしにくかった」との声がある。東証1部の出来高は14億4201万株。売買代金は9558億円。売買代金が連日で1兆円を割り込むのは昨年12月以来。騰落銘柄数は値上がり556銘柄、値下がり942銘柄、変わらず164銘柄。

 東洋証券・ストラテジストの檜和田浩昭氏は「前日に下げ過ぎた分を取り戻しただけだった。イベントを前にしたポジション調整に上値を抑えられた格好だ」と指摘している。日本時間のあす未明にもFOMCの結果が公表されるが、「ツイストオペでも、一定の効果はみられるだろう。1日延長したことに対する期待感があるため、判断は難しいが、必要以上に期待して先行した買いはあまりない。海外勢の売りに対して個人などが押し目を拾っているため、(仮に失望されても)下値は限定的だろう」との見方を示している。

 業種別では、ニコン <7731> など精密機器株が上昇。コマツ <6301> など機械株も継続物色された。国際帝石 <1605> など資源開発株もしっかり。レンゴー <3941> 、日本紙 <3893> などパルプ・紙株も引き締まった。JR東海 <9022> 、ヤマトHD <9064> など陸運株も上げ基調。りそなHD <8308> など銀行株も買いが優勢となった。7&iHD <3382> など小売株も底堅い。個別では、9月中間期連結業績予想を上方修正したクレスコ <4674> や、12年2月期連結業績予想を上方修正したDCM <3050> などが高い。

 半面、ブリヂス <5108> などタイヤ株はさえない。東レ <3402> など繊維株も売りが先行した。ヤフー <4689> などネット関連株も軟調。カプコン <9697> などゲーム関連株も売られ、グリー <3632> も安い。出光興産 <5019> など石油株も下押した。川崎汽 <9107> など海運株も下げ基調。プロミス <8574> などノンバンク株も下落した。大和証G <8601> など証券株、T&DHD <8795> など保険株の上値も重かった。なお、東証業種別株価指数は、全33業種中、21業種が上昇した。

-------------------------------

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。