あさっての投資家さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ1028件目 / 全1054件次へ »

配当が来ました

今年も配当がちらほら来ました。

もらえるのはもちろん嬉しいですが、配当性向についてちょっと気になります。

というのも、どの会社もほとんど右にならえで、配当性向を高くすることを目標にしているのです。

そもそも、配当性向が30%前後の企業といえば、
成長が少ないが収益が安定している会社のはず。

でも、まだ伸び盛りの(会社の業績見通しでも成長を謳っている)企業が配当性向30%近辺というのは、成長を捨てているようなものです。

「配当さえ出しておけば株主に文句を言われないだろう」
という安易な考えは、改めてもらいたいものです。
(もちろん、TOB対策をしたいのはわかりますが)
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    配当
登録日時:2007/06/22(21:53)

 通報する

このブログへのコメント

1~2件 / 全2件

  •  通報する

    2007/06/22(23:19)
    配当利回りで考えてみてはいかがでしょ?
  •  通報する

    2007/06/23(22:19)
    takeさん、コメントありがとうございます。

    配当利回りですか。なるほど確かに、金利上昇局面となれば、企業は配当利回りを上げないと投資家の興味を引けませんね。

    ただ、配当はご存知の通り税金を取られてしまいます。
    そこで、投資家の要求に応える為には、配当と自社株買いとをバランスよく行うことが望ましいと思います。

    そういう点で考えると、総還元性向〔(自社株買い総額+配当金総額)÷総利益〕も注目したいですね。

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。