収益性
74
活発度
0
人気度
50
収益量
54
投稿量
51
注目度
50

ソードさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ57件目 / 全85件次へ »

一月過ぎた日本経済

日本経済、ようやく一月が過ぎました。
残念ながら、昨年の大納会からみてまだ2000円ほど下落したままです。
昨年最高値だと、4000円ぐらい下がっているんですよね。
2000円で100兆円も時価総額が減っているってことは、4000円だと200兆円!?
もうどうにもなりません。
記者に質問されても、フフンとかしか言わない首相はこまります。
しかし、どうしてここまで日本の株価は売られるのか?
政治の責任といえば、それまでですが他にも理由はありますね。
ひとつは、賃金が上昇してないことでしょうね。
これは、私の予想ですが海外の投資家は日本の労働者が受けとる総支給額の中で基本給がどれだけ増えているのか注目しているのではないのでしょうか。
多く企業は、春闘などでは賞与増額には応じますが賃金に関しては非常に後ろ向きです。
以前、ここに書きましたが賞与に対しては会社は社会保険料や雇用保険料は支払わなくていいのですが、基本給に対しては会社が総保険料額の半額負担をしなければいけません。
おそらく、これが会社にとって大きな負担になっており基本給の増額に応じないのでしょうね。
海外の投資家は、日本の労働者は景気がよくなっても収入が増えない、経済の成長が見込めないってことになります。
当然、売るときは日本の株は優先的に売られる銘柄になりますよ。
この辺を理解している政治家はいねえだろうなあ。
ああ、今年は経済が期待できないかも。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2008/02/03(21:14)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。