映画ずきのしんちゃんさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ260件目 / 全1046件次へ »

ダウは反発したが

23日の日経平均は8733.01(+104.88) 雲 基準線 転換線の下、ボリンジャー マイナスσの下 MACD RCIは下落。 震災時の終値ベースの下値8605をなんとか維持して自律反発したが、窓にもとどいていないので、下げ止まった確証はまだない。

ダウは11176.76(+322.11) 雲 基準線の下 転換線11108を回復。 ボリンジャーマイナスσを回復。 MACDは下落 RCIは上昇。大きく反発したが、まだ基準線11677には遠い。バーナンキのQE3頼みの上昇ともいわれており、からぶりに終わる可能性もある。

ドル円は76.71 雲 基準線 転換線の下、ボリンジャーマイナスσの上 MACDは上昇。なんとか下げ止まりつつある印象だが、節目には届いていない。

ダウは反発しているので、東京もそれなりに反発することが期待される。だがアメリカ国債の格下げに続いてフィラデルフィア連銀の指数が悪くさらに住宅市場の指標も悪く、アメリカの実態経済の先行きに不安が広がっているのはかわらない。財政が全く出動できない状況で、QE3への期待が高いようだが、FRBは雇用とインフレに責任をおっており、インフレが警戒されているなかで動く余地は乏しい。時間軸を伸ばす措置にも反対票が3もあったことを考慮すると、さしものヘリコプターベンも、打つ手がないような気がするので、QE3期待が空振りになったときの反動が懸念される。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2011/08/24(06:57)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。