証券会社ランキング

みんかぶくん
総合1位
発表!!
映画ずきのしんちゃんさん / 会員ID:67997
8e03faebd

映画ずきのしんちゃんさんのブログ

最新一覧へ

どこまで戻せるか

15日の日経平均は9086.41(+122.69)雲 基準線 転換線の下、ボリンジャー マイナスσの下、 MACDは底ばい、 RCIは底打ち。まだ目先の節目に届いていないが、十字足がでており、一服感がただよう。

ダウは11465.00(+195.98) 雲 基準線の下、 転換線11367を回復。 ボリンジャー マイナスσ11430も回復。 MACD RCIは底打ち。目先の節目に届きつつあるが、なお基調転換まではいたらず、自律反発の域。週足の雲の上限11478の手前で足踏みしており、これを抜けられるかどうか、その次は日足基準線11677が当面のめどになる。

ドル円は76.81 雲 基準線 転換線の下、ボリンジャーマイナスσの下、 MACDは横ばい。依然として円高基調が続く。

NY連銀の指標が悪化、アメリカ経済の先行きが怪しくなってきているが、ダウは戻しを続けているが、基調転換には至っていない。ECBが債権の買取に出動したことなどで、金融不安が和らいでいるのが戻しの要因になっていると思われるが、実態経済の悪化は変わっていないので、基調転換にまでゆくのはやや苦しいかもしれない。為替のほうは円高の基調は変わっていないので、日本の戻りは、ダウの戻りより頭が重いのは当然だろう。
欧米でも日本でも、政治の役割への失望が大きくなっているが、これは財政と金融の双方での対策の余地が乏しくなっていることの反映であろう。歴史からみると、政治の支配者が手詰まりになると、革命などの劇的な展開がおきる。政治リスクが高まっているのに、注意が必要だろう。その意味ではやはり、基盤のしっかりした大連立が日本でも作られることがのぞましいであろう。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2011/08/16(06:25)

通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。
みんかぶアカデミー

トムソン・ロイター 金融マーケット情報配信サービス
個人投資家の予想
最新24時間の予想傾向(%)
買い優勢
+14.1%(前日比)

予想投稿数 比率(%)

86.9 13.1
買い予想数上昇(最新48時間)
売り予想数上昇(最新48時間)
個人投資家の予想(新着順)
マーケットサマリー
今日の市況
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
日経平均株価

18,996.37

▲ +230.90

TOPIX

1,525.36

▲ +12.67

JASDAQ総合指数

118.67

▼ -0.09

米ドル/円

115.28

▲ +1.26

ユーロ/円

121.73

▲ +0.70

ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック
みんかぶピックアップ

ネット証券比較

証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!

ページTOPへ