元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ760件目 / 全1667件次へ »

将門に惚れちゃう本

実はかなり前から、平将門公に対する評価は二分されていたようだ。

以下の書籍から知ったのだが、その昔、幸田露伴も将門について書いており、

とても将門ビイキな男だったようだ。

 

★「QED ~ventus~ 御霊将門」

  高田崇史著 講談社文庫 648円+税

 

高田氏は、歴史に絡めた2本シナリオな小説を書く人で、

嫌みなくさらりと歴史に潜むうんちくを披露してくれる。

 

彼の書籍でオイラが最初に読んだのは、同シリーズの「鎌倉の闇」だった。

オイラは滅多に小説を読まないが、

地域に実在する神社仏閣などを舞台にした歴史推理小説は、面白い。

機会があれば、足を運びたくなってくる。

 

シナリオとしては、「鎌倉の闇」の方が遥かに面白いのだが、

「御霊将門」の方も、平将門という人物に真に迫った描写が捨てがたい。

将門公というのは、悲運ながらも地域の住民のために、搾取を続ける国司と闘った

ひとかどの男だった模様。

 

「暴れん坊、怖い、祟る、あのGHQもかなわなかった」などなど、

ネガティブ(一部では大変にポジティブ)なイメージしか持っていなかった人ほど、

そのギャップに驚くだろう。

 

オイラは正直、将門公にすっかり惚れてしまったので、

怖くってどーしても行けなかったあの首塚に、

近いうちに参拝しようと思っている。

 

PS1:天照大御神と伏見稲荷大社と寒川神社と白旗神社と靖国神社の

    お札を持っていけば、多分大丈夫だろう。。

    (やっぱり、ビビってるケロ・・・w)

 

PS2:京都や、成田ファンの方々、ど~かお許しくだされ(笑)

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2011/08/03(00:39)

 通報する

このブログへのコメント

1~2件 / 全2件

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。