ユリウスさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ280件目 / 全698件次へ »

読者の知的好奇心に応えて

 Blogを長年書いていると、たまに読者から注文がくる。休筆中にも注文はあった。読者が求めているのは主に下ネタと政治問題でした。翔年は「何かを知りたい! 論じたい!」という健康な知的好奇心の一種と解しました。

 主にこの2冊を参考に書いています。


 読者の知的好奇心に応えようと西沢爽著「雑学猥学」をパラパラ見ていたら、目が釘付けになった詩があった。それは一休禅師の作と伝えられる七言絶句でした。

百發毛頭擁丸痕(ヒャッパツモウトウガンコンヲヨウス)
漫雖有口更無言(ミダリニクチアルトイエドモサラニイウコトナシ)
一切衆生迷遥所(イッサイシュジョウマヨウトコロ)
十方諸仏出身門(ジュッポウショブツシュッシンモン)

(意訳)
一粒の真珠のようなものを、つつむように毛が生い茂っていて、そこにもの言わぬ口がある。あらゆる男すべてが迷わずにはいられない場所だが、無理もない、お釈迦さまはじめ尊い仏さまたちさえ、そこから生まれ出たのだ。


 英国では喜望峰(Cape of Good Hope)ともいうそうですし、Happy Valley(幸せの谷間)とも言われている場所を一休さんが詠っているのでした。
 オーストリアの詩人フランツ・グリル・バルツェル(1791-1872)も負けていません。洋の東西を問わず、生まれ故郷は懐かしいもののようです。

手は尊敬
顔は友情
唇は愛情
閉じた目の上は憧れ
てのひらの上は懇望
腕と首は欲望
さてそのほかは狂気の沙汰
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2011/07/10(21:07)

 通報する

このブログへのコメント

1~1件 / 全1件

  •  通報する

    2011/07/31(13:31)
    こんにちはーユリウスさん

    >翔年は「何かを知りたい! 論じたい!」という健康な知的好奇心の一種と解しました。

    キャハハハハッ!!(≧▽≦)彡☆バンバン
    私はコメントせずとも読書にここによく来ますからw

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。