証券会社ランキング

みんかぶくん
総合1位
発表!!

jojuさんのブログ

最新一覧へ

QE2、紙幣刷りまくりと資源価格とグローバル経済(おさらい)

米国・・・・ 

 債務上限問題でもめそう。

 QE2について批判的論調が高まってるのも要警戒。 これは、明らかに誤解である。 資源価格上昇は、QE2でなく、新興国(中国!)の景気過熱(バブリー)とリンクしている。 これは、ここ半年の資源価格の頭打ちと低下を見れば明らか(これに対しQE2は6/30まで続いていた)。 QE2で、新興国のバブル惹起→新興国の引き締め政策誘発→バブル抑制→資源価格低下、、となっているのです。

 

 資源価格を更に抑制したければ、むしろ、QE3導入を考えなければいけない。

 

 そもそも、中国のマネー刷りまくり状況(通貨安固定政策)は、期間、規模ともQE2以上であった。 デフレにならないように中国に対抗し、かつ資源価格を抑えるには、米国初め先進各国は、負けじと紙幣を刷りまくらねばならない。 そうでなければ、先進国は、デフレ下の資源価格高騰になってしまう。 この紙幣刷りまくり合戦の帰結(目標)は、為替レートの適正化=物価上昇率の適正化=景気水準の適正化(バブルでもデフレでもなく)であり、世界的バブルでない。 最終的に起きるのは、中国の一人勝ち終焉=中国以外の新興国の発展=グローバル経済の拡大=貧困問題の世界的終息、、である。

 

 ちなみに、昨今、米国(および日本)で起きているQE2批判は、昨年来の中国論調そのもの。 QE2批判論の高まりには、チャイナマネーの暗躍を感じる。 マスゴミとクズ議員というのは、どこの国でも国益上のお荷物です。

 

 独裁国家に対抗するためには、民主主義国の有権者は、賢くあらねばならない。 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    マクロ分析
登録日時:2011/07/02(07:19)

通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。
みんかぶアカデミー

トムソン・ロイター 金融マーケット情報配信サービス
個人投資家の予想
最新24時間の予想傾向(%)
買い優勢
+11.7%(前日比)

予想投稿数 比率(%)

74.8 25.2
買い予想数上昇(最新48時間)
売り予想数上昇(最新48時間)
個人投資家の予想(新着順)
マーケットサマリー
今日の市況
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
日経平均株価

18,274.99

▼ -151.09

TOPIX

1,466.96

▼ -11.02

JASDAQ総合指数

118.47

▼ -0.45

米ドル/円

114.22

▲ +1.08

ユーロ/円

122.42

▲ +2.53

重要な経済指標 発表日時
ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック
みんかぶピックアップ

ネット証券比較

証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!

ページTOPへ