jojuさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ1373件目 / 全1494件次へ »

民主党政権が続く可能性と経済リスク

 民主党の経済悪政(=円高政策=デフレ維持政策=経済空洞化政策)で生活苦になったヒトは多い。

 しかし、経済悪政を見抜けるヒトは少ない。 一般人には、金融政策など理解不能だし、マスコミも概ね経済音痴なので、この辺の解説は出来ない(池上彰しかり)。

 

 民主党路線は、経済的に見れば、社会保障拡大もしくは維持なので、生活苦のヒトには民主党が好ましく見えてしまう。 悪政で支持者が増える、もしくは強固になる好循環?が働くのである。

 

 マスコミの民主党批判は、外交、復興対応、子供手当のバラマキに集中しており、この辺を誤魔化してしまえば、民主党の支持は、対自民では回復してしまうかも知れない。

 

 外交は表向き、中国に強面になり(裏ではともかく)、もしくは左翼系マスコミ(N●K、朝●、毎●)に中国のイメージアップ報道をさせれば良い(例えば、温家宝の東北訪問のような演出を今後も連発する等)。

 復興対応は、避難民の声を左翼系マスコミに盛んに流させて、自民が協力せざるを得ない状況に追い込めば良い。

 そして、子供手当のバラマキは止めて、責任ある増税路線と煽れば良い。 これも左翼系マスコミに喧伝させれば良い。

 

 実際には、増税路線は財政規律を高めるどころか、無駄使いを温存させる(財政規律を緩める)のだが、そんなことは一般人は分からない。 無駄使いする子(役所)に追い銭をあげても、無駄使いがなくなるわけではない。 むしろ、逆である。

 しかし、「財政規律維持のために増税を」と左翼系マスコミに連呼させれば、長いものに巻かれる国民は、大して考えもせず、そんなものかと納得してしまう

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    マクロ分析
登録日時:2011/06/19(10:10)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。