ダイズさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ13件目 / 全31件次へ »
ブログ

地中海式ダイエット



AFPニュースに取り上げられていました。編集して記録しておきます。
Abstractのoriginalは未確認ですが、一緒に載せておきます。
結構ネタ的には面白いかも。
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2336907/2526112

≪妊娠中の女性が地中海式ダイエットに沿った食事をすると、産まれた子どもは小児ぜんそくやアレルギーにかかりにくくなる≫との研究結果が、15日の英医学誌「ソラックス(Thorax)」に掲載された。研究を行ったのは、ギリシャのクレタ大学(University of Crete)社会医学部のLeda Chatzi博士率いる研究チーム。

方法:1997年から妊婦507人の食習慣を調査し、6年以上たってからその妊婦の子どもたちを対象に、ぜんそくの診察と6種類の一般的なアレルギー反応を検査する皮膚プリックテストを実施した。

結果:調査の時点では、子どもが取った食事はぜんそくやアレルギー症状の有無にはあまり関係がなかったが、母親が妊娠期に食べたもので違いが出た。
果物、野菜、オリーブオイル、魚、全粒シリアル、豆類、ナッツ類の摂取量で計算される地中海式ダイエットの得点を算出したところ、3分の1の妊婦が低得点、残りの3分の2の妊婦が高得点だった。
低得点の女性の子どもは高得点の女性の子どもより、3-4倍ぜんそくにかかりやすく、2倍近くアレルギー症状を発症しやすいことが分かった。
≪野菜を週8回以上、魚を週3回以上、豆類を週1回以上摂取すると、特に子どもをこれらの症状から守ることができるという。逆に、赤身の肉を週3-4回以上摂取すると、発症の危険が高まる。≫

考察:研究では、地中海式ダイエットの主要成分として「抗酸化物質」と「多価不飽和脂肪酸」の2つを挙げている。抗酸化物質は小児ぜんそくに対する予防効果があることで知られる。また、多価不飽和脂肪酸はオリーブオイルや魚などに多く含まれており、ぜんそくの主因である炎症を抑える効果があるという。

以下、originalのAbstractです

Leda Chatzi, Matias Torrent, Isabelle Romieu, Raquel Garcia-Esteban, Carlos Ferrer, Jesus Vioque, Manolis Kogevinas, and Jordi Sunyer

Mediterranean Diet in pregnancy protective for wheeze and atopy in childhood

Introduction: Dietary intake of specific nutrients or food groups during pregnancy could play a role in the risk of asthma and atopy in offspring, but specific dietary patterns have not been implicated. We evaluated the impact of maternal (during pregnancy) and child adherence to the Mediterranean Diet on asthma and atopy in childhood.

Methods: Women presenting for antenatal care at all general practices in Menorca, a Mediterranean island in Spain, over a 12-month period starting in mid-1997 were recruited. Four hundred and sixty children were included in the analysis after 6.5 years of follow-up. Maternal dietary intake during pregnancy and children’s dietary intake at age of 6.5 years were assessed by food frequency questionnaires and adherence to a Mediterranean Diet was evaluated through a priori defined scores. During follow-up, parents completed questionnaires on the child’s respiratory and allergic symptoms. Children underwent skin prick tests with 6 common aeroallergens.

Results: The prevalence of persistent wheeze, atopic wheeze, and atopy at age 6.5 years were 13.2%, 5.8%, and 17.0% respectively. One third (36.1%) of the mothers had low quality of Mediterranean Diet during pregnancy according to the Mediterranean Diet Score, while the rest had a high score. A high Mediterranean Diet Score during pregnancy (in two levels, using "low" score as reference) was found to be protective for persistent wheeze (OR, 0.22; 95% CI, 0.08-0.58), atopic wheeze (OR, 0.30; 95% CI, 0.10-0.90), and atopy (OR, 0.55; 95% CI, 0.31-0.97) at age 6.5 years after adjusting for potential confounders. Childhood adherence to the Mediterranean Diet was negatively associated with persistent wheeze and atopy though the associations did not reach statistical significance.

Conclusion: Our results support a protective effect of a high level of adherence to the Mediterranean Diet during pregnancy against asthma-like symptoms and atopy in childhood.

Thorax, Jan 2008; doi:10.1136/thx.2007.081745
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。

ネット証券比較

検索
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ