収益性
0
活発度
0
人気度
50
収益量
0
投稿量
49
注目度
53

shin5nackさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ714件目 / 全983件次へ »

胃酸に強いかどうかで効き目が分かる


バイオ・ノーマライザーはどうしてたくさんの実績が残しながら、長く続いてきたのか。答えはやっぱり「効く」からだと思いますが、実際に効いた方が多く存在する、というご紹介はこれまでにも多数して参りましたし、バイオ・ノーマライザーで病気を克服した人達の本まで出版されているぐらいなので、これはやっぱり相当な代物です。※その人自身の状態・状況に応じて自分の判断で使い分けるものであり、もちろん誰にでも効果があるわけではありません。フィリピンでは薬として使われていたりします。バイオ・ノーマライザーの安定性については、目を見張るものがあります。★いくら試験管の中で好成績を収めても、動物実験で良かったからと言っても、人体内に入ると効果がないものが多いのは、胃酸によって成分が分解されてしまうからなのです。↓しかし、バイオ・ノーマライザーは、消化吸収の過程で受ける胃酸の洗礼(胃酸の酸性濃度はpH3)によって分解されることがなく、より強い酸性(pH1.2)によるテストにおいても、ハイドロキシラジカル(活性酸素の中でも最も酸化力が高い悪いヤツです!)消去作用を保持していた。また、熱に対しては、100℃で1時間加熱しても、ハイドロキシルラジカル消去作用を保持していた。という結果が示すとおり、過酷な炎天下にさらされながらもスクスクと育ってきたフィリピン産カリカパパイヤが持つ驚異的なパワーによって、バイオ・ノーマライザーの機能は作られています。何か治したい病気・症状がある方や、体質を改善したい方、精神的なストレスが多くなっている方、など様々な方にお試しいただきたいバイオ・ノーマライザーなのですが、困ったことに”あなたが治したいと思っている症状よりも先に”、あなたの認識とは別の次元で、体が最初に治したい・治すべきと認識している箇所から修復されていく、というプライオリティマネージメント機能(優先順位のコントロール)をバイオ・ノーマライザーは持っているらしく、自分が治したいと思う症状がなかなか治らないのはこのプライオリティマネージメント機能によるものだと思われます。長く・習慣的に食べるようにしていれば、順番が回ってくるはずですから、焦らずに続けてみてください(笑)
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2011/05/03(12:00)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。