ひさっちさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ2926件目 / 全3060件次へ »

額賀財務相「今の時点で一喜一憂する段階ではない」との認識

この期に及んでも他人事とは・・・・
情けないを通り越して憤りも感じます。
無責任にもほどがある。早く辞任してください。
火種となった証券税制に担当大臣として一切触れない点も不信感どころか許せない気持ちでいっぱいです。

★財務相:今の時点で一喜一憂する段階ではない-円高・株安受け(2)

1月16日(ブルームバーグ):額賀福志郎財務相は16日夕の臨時閣議後の記者会見で、日経平均株価が昨年来の最安値を更新したほか、為替相場が一時1ドル=105円台のドル安値をつけたことを受け、「今後も世界経済や国内の動きについて注意深く見守っていきたい」としたうえで、「今の時点で一喜一憂する段階ではない」との認識を示した。

 円高による輸出関連企業への影響については、「欧米の経済が実体経済にどういう影響を与えるのか、円の動き、輸出がどうなるのかについては注意深く見ながら対応していく必要がある」と語った。また、企業収益の悪化懸念材料である原油高も注視する必要性を指摘した。

 米サブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン問題の余波を受けている米国経済の先行きについては、「減速はあっても米国経済全体を覆うものではない。
年後半には持ち直していくとの見方もある。そういうことを注意深く見守りながら、対応していく必要がある」と述べた。

 日本経済については底堅い企業活動が継続しているほか、改正建築基準法に伴う住宅着工減少の反動増がプラス要因になることなどを挙げ、「しっかりと経済の回復基調を維持していかなければならない」と指摘。サブプライム問題が日本の金融機関に与える影響については「大きな混乱が起こることはない。
それほど被害が広がることはない」と強調した。

 また、2月9日に東京で開催される7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)では、サブプライム問題に関連した混乱要因を分析している金融安定化フォーラム(FSF)の報告を基に議論し、「金融市場の安定化に向けたメッセージを送りたい」との考えをあらためて示した。
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=90001002&sid=azdHoXJQ9W1w
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    福田内閣
登録日時:2008/01/16(22:17)

 通報する

このブログへのコメント

1~2件 / 全2件

  •  通報する

    2008/01/16(23:03)
    お前がいうなって感じですね。

    財務省大臣さんよ。

    それは、トレーダーのセリフですよ。

    政治家は一喜一憂しなさいよ。そして対策立てなさいよ。
    と思う。

    (怒`・ω・´)ムキッ
  •  通報する

    2008/01/21(09:16)
    あったか丸さん


    コメント有難う
    お前が言うなって感じですね

    この人本当に早稲田おの政経学部出身なのか?と疑いたくなります。
    逆に分かっているからすっとぼけているのでしょうかね?

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。