収益性
54
活発度
56
人気度
52
収益量
51
投稿量
95
注目度
58

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ866件目 / 全1732件次へ »
ブログ

ホンダインターナビ実験結果(大きなメリットとわずかなリスク)

帰宅してからパソコンにアップされていたデータ。

前回と同じく、無料最速コースを選択した。

4/9(土)AM8:33~9:01 29分 11.1km 燃費18.4km/h 消費燃料0.6L

今回インターナビが指示したルートは、普段利用することの多い標準的なルートとなった。

 

ということで昨日、インターナビが選択したルートは、

やはり渋滞が発生していたからと思われる。

 

今後はより積極的に、インターナビの指示に従った方が得策なようだ。

 

では逆に、欠点がないのかというとそれは違う。

帰宅ルートで何度か試してみたのだが、

どうやら車体に記憶されている道路マップこそが、

インターナビコンピュータが思考する上での重要なメモリーとなっている。

 

何故それがわかるかというと、

実は指示された帰宅最速ルートの途上に、実態道路が変更になり

直進不可になっているエリアを直進するよう求められたからだ。

 

本来なら、インターナビコンピュータが思考すべきデータが、

各車体に記憶されているデータではなく、

大本の最新道路データに直接アクセスできるようになっていれば、

利便性は完ぺきに高まる。

 

どうしてこうしないのか想像すると、

中央のメモリーが莫大になるのと、末端ユーザーから更新データ料を徴収できなくなる、

同時に「車検時にデータ更新を無料」にしていることから、

ホンダのユーザー囲い込み戦略に支障を生じるからであろう。

(ひょっとしたら、中央の道路情報もアップが遅れている可能性があるけど)

 

以上のことより、

1 インターナビは、各ユーザーの有している最新ではない道路マップをメモリーとして利用

2 渋滞情報は、中央コンピュータの有している最新道路マップに由来したデータを提供

という構図が浮かび上がることとなった。

 

最速と思われるインターナビの指示を信じたものの、

まれに、上記のような不整合な道路状況の影響を受けて、

残念な結果に終わるリスクもあるということだ。

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
2件のコメントがあります
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。