SANTA12さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ4件目 / 全73件次へ »

原発・政権

自動車免許の講習で認知・判断・行動といったプロセスのはなしがあったがこれと同じ。
情報を集めてそれをもとに正しい判断を下し実行する。
そのため情報収集が必要なのはわかるが総理1人で集められる情報などたかが知れている。
そして正しい情報が集まったとしても判断を誤れば情報は無駄にしかならない。

米軍基地、尖閣衝突、北方領土、経済景気対策、狂牛病対策、高校無償化、子ども手当、年金問題、財源問題・・・、今までの状況からこの国難をまともに判断出来るはずがない。

政策転換や政権延命に東日本大震災を理由に使うな、実に不愉快だ。
如何にも今までの政策が、今回の天災によって転換せざるをえないような言い分
初めから財源無視の自転車操業、実行当初から永続させる目途すらたっていなかった政策だ。

増税によって一連の被害復興など認められない。
震災、津波被害復興のための増税はわからなくもないが、震災被害と原発被害を同一に扱うな。
原発のための増税はあり得ない。
利益は企業で配分し、負担は国民に求めるなど他人の金で博打をしているようなものだ。
いや勝った場合は自分の懐では博打にすらなっていない。

東電が被害者だとの書き込みもあるようだが、被害を拡大させているのは人災だろう。
電力会社は本来技術職でそういう経験を踏んだものが上に立つべきだ。
天下りよって原発に対して無知な人物が上に立てば危険意識もまったく別のものになる、
知識があるのと、技術があるのは全く別だし、現場から遠いほど危険なものを扱っている意識は希薄だろう。
今までにも大事故の一歩手前という事態も何度かあったようだが、問題点が先送りされているし耐用年数もとっくに過ぎている。天下りや利権によって先送りされた人災だろう。

この構図は今の政権にも当てはまる、政権を担うにおいて技量が全く足りていない。
1%になっても辞めない、ジョークでもなくそのままの意味だったのですね、一番権力を渡してはいけない人物だ。政治家どもの意地やプライドなど知ったことではない、体裁で国を崩壊に導くな。
原発担当大臣を指名し断られた後なぜ大臣ポストをあけた状態なのか、
必要ない担当大臣など作るな、政治的な駆け引きなど論外だろう。
自衛隊員はじめ、官房長官など身内に罵られながらも国の危機に立ち向かってくれる、これこそ愛国心だろう。

国政は背伸びしながらで勤まる仕事じゃない、だからヤメロと言っているのだがその声はまるで届かなかった。
そういう意味では前総理よりはるかに酷い、自己を見つめてみろ、お遍路しても意味がない。
天下り、利権団体など公務員改革を進めろ、原子力関連の第三セクターだけでもどんだけ存在しているのか
実際に事が起こったいま、有益な団体かはっきり結論が出たのではないか。
これこそ強制力のある事業仕訳が必要だろう、目的が不明なもの、まとめられるもの、民間で事足りるもの、
そもそも必要ないもの、ざっと見渡すだけでもかなりの数に上るだろう。
騎兵隊、有言実行、最小不幸、軽い言葉だ、前総理と同じ言葉遊びの域を出ていない。


原発は取り返しのつかないほど危険要因を含んではいるが、それでも原発は必要なのではないだろうか。
エネルギー資源に限りがある以上、エネルギー効率の高い技術は必要だろう。
火と同じようにリスク管理を徹底して、別のエネルギー資源が見つからない限り
付き合っていく事になるのではないだろうか。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2011/04/07(20:26)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。