株太(ちゅうた)さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ19件目 / 全38件次へ »

心の支え

東証一部レシオも60割れることはありますし、買い方の信用評価損率も-30%に到達することもあります。それはあくまでも、短期間でいかに急落したかの単なる結果の数字です。あくまでテクニカル数値はたんなる参考値に過ぎない。

RSIは統計をとっていないのでわかりませんが、これも今は恐らく底値張り付き圏なのでしょう。
それでも、底が見えない怖さを感じますね。今度の反発は次への下げへの準備…

こんな時に投資家としてのスタイルを持っているかどうかが、大事だなといつも思います。
スタイルがない人は、いつにもまして迷うからです。
どんなスタイルでもいいのです。自分のスタイルより、更に高見を目指すことは良いのですが、無理な背伸びはいつも失敗します。私も経験していることですから良くわかります。

単なる自信家にはなりたくないけれど、世の中の悲鳴がまだまだ聞こえてきませんなー。。オヤスミZzzz
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    コラム
登録日時:2008/01/14(22:48)

 通報する

このブログへのコメント

1~2件 / 全2件

  •  通報する

    2008/01/14(23:18)
    今の状況はサブプライム問題でシティがどの位の負債をかかえているのかによって決められているような気がしてなりますせん。日本のメガバンクもそうだったでしょう。プライドがあるのか例えばダイエーにしてもはっきりしなっかでしょう。外人投資家が動いたのは国が動いて全部はっきりしてから株は動きだしています。38兆円といわれている負債金額もまだ20兆円位残っている勘定です。そこまで下げるようなきがします。ざっくり11,500ドルから12,000ドル位かな。根拠は薄いですが。覚悟はしておいた方が良いみたい気がするがーーー。
  •  通報する

    2008/01/14(23:35)
    おっと、寝ようかと思いましたが、レスありがとうございます。

    世界のサブプライム関連の損失が当初10兆円予想が、17兆円になり、それが33兆円になり、更に50兆円越えに拡大するかどうかは、今のところまだ、誰にもわからない段階ですね。

    今回の中東、アジアの資本増強支援がなければ、シティGとメリルは破産していたのですよね。

    私は、日本による米国債ポジション減、円高誘導派です。これについては、いつか書こうと思っています。でわ~Zzzz

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。