地球猛獣群さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ16件目 / 全117件次へ »

特集☆【東京電力株を飼いまくれ!!!③】☆

場が終わったんで、やうやく云わしていただくバウが、

 

補償額が数兆~?というので、みなさんビビってこの株を飼わないわけですが、

 

この【補償】というのが、実は一番の飼いの要素だったりするわけですバウねぇ。

 

なぜか?よくよく考えても見て下さい。

 

今年の流行語最有力候補である【ただちに】という御言葉が最大のヒントですばう。

 

 

 ようするに、補償の払い方次第では、【ただちに、】東京電力の金庫から有り金全部が無くなって、運転資金が枯渇しパーでんねん、取りも直さず、実質的な債務超過にはならず、時間もお金も稼げて、ウマー ということですバウ。

 

手順としては、

 

①會長さんが被害者の方々に対してですね、補償は割賦払い(分割払い)で勘弁して下さい。その代り若干色をつけますから、、、というわけですね。

 

②もし、それで断られたら、一括の場合は、手許資金が少ないのでかなり勉強していただきたいのですが・・・というわけですね。

 

③それでも、一括でたくさんくれ!といってきたらですね。その場合は(たっぷりとじゅうにぶんにお時間を御掛けすることになる)民事裁判を経ての御支払いとなりますが、それでもよろしいでしょうか?・・・・というわけですね。

 

 

こうすればですね。補償の支払いが即座にではなく長期化することが出来、その間の収入でですね、債務超過に実質的に陥らずに上場維持でき、堅実な経営を存続することが可能となるわけですね。

 

 問題は、分割で支払う補償金の原資はどこから捻出すれば良いのか?ということですが、

 

手順としては、

 

①會長さんが株主さんらに対してですね、国有化は100%阻止します!減資も一切いたしません!と宣言するわけですね。

 

②そのうえでですね。その代りとして、補償に充てる金銭はすべて毎年の【配当金】から回させて頂きます!従って、配当金につきましては補償がすべて完了次第御支払いを再開させていただきます。

・・・・というわけですね。

 

株主さんは、誰だって、卵(配当)よりも、卵を産むおんどり(株式)のほうが大事ですから喜んで賛成するかもわかりません。~何十年?も待てば卵をまた生み出すのですから、合理的に(御子息のために)と思えば悪くない話だと思いますばうねぇ。

 

 

 このくらいのことは、かの切れ者さんであれば、よく分かりきっているでしょうから、東電株は問題なく飼いでせう。

 

分かりやすく言えば、よくいう、ドラゴンクエストといふ有名なゲームソフトに出てくる【キングスライム】を思い浮かべて下さいばう。

 

いま、東京電力さんに立ちはだかっているモンスターが【キングスライム】(巨額賠償)です。

 

しかし、ぶっちゃけ、【キングスライム】といっても、所詮はスライム(雑魚)の寄せ集めですバウ。

スライムに分割してしまえば、もはや天下の東京電力の敵ではありません。

 

 

 ここまで、先を読んで今週東電株を御買いになった方は、真の投資家でしょう。巨額賠償にビビって

御買いになれなかったかたは、またお勉強し直して下さい。

 

来週からは、熊さんたちのカチカチ山飼い戻しショ―が見られること御受け合いばう。首を洗って震えながら楽しい週末を御過ごし下さいばう。

 

分かる方にいわせれば、東電株の真価は依然4ケタで不動でせう。

 

ばう、ばう~~~

 

 

登録日時:2011/04/01(17:49)

 通報する

このブログへのコメント

1~5件 / 全5件

  •  通報する

    2011/04/01(19:08)
    こんばんは。
    先を読まないといけないのがこれから来る汚染問題です。
    犠牲者が多く、埋葬もあってこれからの季節は気温が上がるので汚染問題です。
    土壌汚染、水質汚染、疫病も考えないといけません。
  •  通報する

    2011/04/02(00:06)
    I SAY企画プロダクションさん


    こんばうわう。エイプリルフールのひまつぶし日記に、真面目な御回答頂きありがたい限りですバウ。悪材料だらけですから、ここは正直売りで騒いでるほうが本当に楽ですばう。明日からは疲れなくて済むので救われるばうねぇ。


    汚染問題。これは今後ますます深刻ですバウねぇ。野生の自然が荒らされるのをまざまざとみるとやりきれません。

     日本人は、獣の世界から見ると、戦後の昭和20年代半ば過ぎまで、ヒロポン大好きで、病床を注射痕だらけのクランケで溢れ返させたり、進駐軍から人畜無害だということで、大量のDDTを喜んで巻きまくった土壌から得られた食物を平気で食べまくったり、今でも麻薬よりも本当は急毒性が強く危険な毒物であるアセトアルデヒドまみれのhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%BB%E3%83%88%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%87%E3%83%92%E3%83%89
    酒やタバコを平気で飲みまくって進んでガンになったり、変な添加物の入ったカラフルな色をした菓子類や油まみれのものを食って生活習慣病→ガンになり、結果として医療費負担を増大せしめて国庫を圧迫したりとあまりにも自虐的に過ぎる民族ばうから、今回の放射線漏れくらいでさほど驚かないだろうとは思いましたが、この騒ぎばうねぇ。ビックリ!ばう。

     それはさておき、汚染問題が広がれば、補償額も膨れるといった問題ですが、
    そのツケは、結局、東京都民を中心とする電力ユーザーに跳ね返るだけでせう。

    例えば、東京電力が設立後、期末ベースで初めて▲335億2100萬円もの大赤字(当時の金銭感覚で)を出した昭和55年3月期のことです。

    参考*会社四季報昭和55年第二集春季号

    【配当】54年度の燃料コストは、前年度比3、1倍に増加し大幅経常赤字に。留保700億円を崩したうえ法人税還付未収経費を繰戻すなどやりくりして30円配。55年度は50円配復元意向だが、料金改定認可幅いかんでは40円配の懸念も。中間無配。
    【料金改定】4月1日実施、1年原価制で65、33%の料金改定を申請。海底理由の8割は燃料費アップ。政治情勢も絡み認可幅は全く流動的。


    ・・・これを解釈すると、東京電力は大赤字になると(不都合なことがあると)、料金改定(値上げ)をすぐにしてくるということです。

     他方、値上げでユーザーには手厳しく当たる半面、大赤字にもかかわらず、配当金を涙ぐましいくらいの努力で支払うという非常に株主思いなところが見て取れるということですバウ。

     要するに、東京電力さんの基本姿勢は、株主>電力消費者という図式に恐らくなると思いますバウねぇ。これくらい株主至上主義な会社ですから、今回の件で
    国民(自分とこの電力消費者含む)がいかに怒ろうとも、株主大事はかわらず、減資はしないだろうと思いますばうな。

     何でそんなに株主さんを大事にするかというと、一般的には、100株のこじきさんいや、個人株主はどうでもよく、本当のところは、先生がたや、資本家、資産家、財界の有力者、団体等が、大株主欄には入らないものの、ある程度のまとまった東京電力株を持っているらしく、その方たちに喧嘩を売りたくないから、という説がありますが、誠か?どうか?非常にうさんくさいですバウ。

     とにかく、東京電力さんは、配当にはこだわりがあるらしく、計算しやすいからか、前世紀中まで長らく1株益が50円未満の年でも50円配ばかり出し続けてきましたね。まるで東京電力銀行50円利息預金みたいな感じでした。どうでも良いことですばうが・・・

    1株配
    74,3   40円
    75,3   40円
    76,3   45円
    77,3   45円
    78,3   50円
    79,3   50円
    80,3   30円
    81、3   50円
    82、3   50円
    83、3   50円
    84,3   50円
    85,3   50円
    86,3   50円
    87,3   50円
    88,3   50円
    89,3   50円
    90,3   50円
    91,3   50円
    92、3   50円
    93,3   50円
    94,3   50円
    95、3   50円
    96,3   50円
    97,3   50円
    98、3   50円
    99、3   50円
    00,3   60円
    01、3   60円
    02,3   60円
    03,3   60円
    04,3   60円
    05、3   60円
    06、3   60円
    07,3   70円
    08,3   65円
    09、3   60円
    10,3   60円

     さて、汚染問題ですが、ひどくなればなるほど、賠償額(電気料金)が騰がる可能性がありますので、結果的に、太陽光発電、省エネ製品・省エネ電球、ぷちぷち、節電が反比例してじゃんじゃん普及するでせうから、CO2削減により、(マイナス1)+(プラス1)で、プラマイゼロという建設的な考え方もできますので、一概に100%悪しき現象とは言い切れないかも知れません。

     東京電力さんは、売上高が5兆円台となってからというもの、これ以上、自分の縄張りの人口増が見込めず、飽和状態となったことから、売上の拡大をあきらめ、利益率の向上に邁進するようになりましたバウ。
     要するに、(安全にお金をかけた場合でという前提がつきますが、)コストの安い原発をじゃんじゃん作って3割にまで育てました。

     しかし、今回の事故で、原発のほうが、安全にお金をかけない場合、会社を潰しかねないくらいに高いコストがつくと分かったので、今後は、金惜しさに事故を起こすことは無いでしょうね。つぎやったら、100%会社が即死ですからね


      日本は、今回も原子力の危険性を自分の領土で証明することで、世界中の原発を推進する国々の人々を原発の恐怖から救う(原発中止、廃止等)ことが結果的にできたわけです。ようするに今回の事故は、ある意味、人類を少しでも原発の脅威から救い出すという最大の国際貢献をしたとも云えますばう。

    ばう、ばう~~~

     
  •  通報する

    2011/04/02(01:33)
    すばらしい~。こういうのを読むというんですね。

    ボクは後から、あの時買っていれば~と指を噛んで悔しがると宣言をいたします。
    太刀打ちできませぬ。たちまち討たれちゃいますから。
  •  通報する

    2011/04/02(09:18)
    *お詫びと訂正*

    海底→改定

    【料金改定】4月1日実施、1年原価制で65、33%の料金改定を申請。海底理由の8割は燃料費アップ。政治情勢も絡み認可幅は全く流動的。



    【料金改定】4月1日実施、1年原価制で65、33%の料金改定を申請。改定理由の8割は燃料費アップ。政治情勢も絡み認可幅は全く流動的。
  •  通報する

    2011/04/03(04:31)
    たしかに先週末の国有化のリークの仕方は怪しいですね
    原賠法を適用しないというのなら株主は政府を相手どり訴訟をおこすべきでしょう

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。