収益性
0
活発度
0
人気度
50
収益量
0
投稿量
49
注目度
52

shin5nackさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ827件目 / 全984件次へ »

放射線被曝の対処方法についてお知らせ

バイオパシー協会は、チェルノブリ原発事故の患者にバイオ・ノーマライザーを食べて貰い、治療実績を上げてきたボランティア経験を元に今回の原発事故による放射線被爆の対処方法を公開しました。ソース:バイオパシー協会放射線被曝(ひばく)の対処について 原子力関連施設で大事故が起こると、放射性物質であるヨウ素131が大気中に拡散する危険があります。 空気中に放出された放射性ヨウ素(ヨウ素131)が体内に取り込まれると、通常のヨウ素(非放射性ヨウ素)のかわりに、甲状腺(のどの辺り)に蓄積します。ヨウ素131は放射線を出し続け、体内にフリーラジカル(活性酸素)を大量に発生させ、甲状腺機能低下症、甲状腺腫、甲状腺ガンなど様々な障害を身体に引き起こします。 そこで、放射能を持たないヨウ素を前もって摂取しておくと甲状腺に放射性ヨウ素(ヨウ素131)が取り込まれず、放射線障害を予防することができます。ヨウ素剤が配布される場合もありますが、新生児、乳幼児や妊婦の服用が優先されます。ただし、被曝した後でヨウ素を摂っても効果は弱いので、危険が予想される場合は被曝前に摂ることが重要です。 ヨウ素の多い食べ物は、わかめや昆布などの海藻類に含まれるヨードです。おぼろ昆布を汁椀に一杯食べれば、効果が期待できるとされています。ただし、たくさん摂っても意味はないので買い占めしないようにしましょう。  さらに確認しておきますが、いくらヨードを摂っても、甲状腺以外の臓器への放射線物質の蓄積を防ぐことはできません。また、放射性物質を身体の外から浴びた場合は、ヨードが放射線の影響を防御する効果は期待できません。 バイオ・ノーマライザーは、フリーラジカルを強力に消去するので、放射線の影響を軽減することができます。放射線を少量被曝した程度であれば、一度にたくさん食べるよりも、少しずつ食べ続けていることが効果的と考えられます。また、溶液で被曝した皮膚を洗い流すことも有効です。食べ方やその他の使い方の詳細については、バイオパシー協会へお問い合わせください。被災地では通信手段が確保されていないため、バイオパシー協会への電話がつながりにくいかもしれませんが、時間を問わず受付けていますので、あきらめずにお試しください。電話:048-711-3455ソフトバンク携帯電話:090-1736-1680バイオ・ノーマライザータブレットは、Saraswati(サラスワティ)店頭およびネットショップにて販売しています。お子様であれば、2時間おきに1粒食べる程度、成人の場合は3粒程度で良いかと思いますが、こまめに食べることで、放射線の体外排出を促進してくれることが分かっていますので、レントゲンX線撮影やCTスキャンなどでも少なからず被爆してしまうように日常から体内に放射線を取り込んでしまうこと自体は避けられない事実ですので、安全に体外に排出する方法を身に付けておくことをオススメいたします。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2011/03/15(20:57)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。