元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ892件目 / 全1732件次へ »
ブログ

TPPは陰謀の香り

循環拝読しているオカルト系ブロガーを経由して、

TPPに関しての見解が少々あった。

 

オイラは「貧困大国アメリカ」というジャーナリスト本を読み、

ウツ気味になった下地があるので、

こうした見解が本当なのではないかと感じている。

 

9.11テロも、民主党議員が国会で提議したように、米国のヤラセだと思っている。

これは世界中の人が、実はそう思っている。

状況証拠はたっぷりあるので、是非ネットで検索してほしい。

 

日本のマスコミのほとんどは、米国の支配下にあって自由な発言を許されてはいない。

 

★「TPPと食品安全近代化法」

 http://hirukawamura.web.fc2.com/syutyou/tpp2.htm

 

★異様な「TPP開国論」歴史の連続性を見抜け 内橋克人氏講演会

 http://www.jacom.or.jp/tokusyu/2011/tokusyu110208-12482.php

 

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
2件のコメントがあります
  • イメージ
    為替少年さん (対象外)
    2011/02/18(08:29)
    仰るとおりです。

    私も「貧困大国~」は読みました。
    9・11関連の本も随分と読み漁りました。

    結論としては、アメリカは自国の利益のためなら何でもやる(自国民を死に追いやることも)、ということでしょうか。

    そう言った意味で、自国のために日本を利用するというか、しゃぶりつくすのだろうなと思っています。(これまでずーとそうしてましたら。)

    それに反旗を翻したのが、鳩山&小沢だったのですが、米国は菅や岡田を利用して潰しにかかっているわけです。この辺の裏の動きをウィキリークスがすっぱ抜いていますが、日本のメディアは、小沢がいると自分たちの立場が脅かされるため、決して報道しません。

    昨日の民主党議員の会派離脱の問題も、小沢有利の内容なので、各紙、各TV局、一様に批判的に報道しています。(笑)

    裏が見えてくると、日本の報道機関の姿勢がいかにいい加減か判ってきます。
  • イメージ
    ウィキリークスの件を鑑みると、
    やはりロス茶系統の動きが働いていそうですよね。

    ロス茶とロック笛(デイビッド爺さんの方)とは、
    米国の小麦遺伝子改良事件がイタリアで発覚した時から、
    対立が明確化してきたと思っていたので、
    やはり、こうした動きは符合しますね。

    ロス茶の切り札は、米国FRBの解体にあると思っています。
    いよいよデイビッド爺さんがまだ死にそうにない場合、
    痺れを切らしたロス茶陣営はFRBを解体して、
    米国に一矢報いるのかもしれないですね。

    それと、軍事力に劣るロス茶は、
    やはり中国のバックに憑いて、利用していそうです。

    ジェイ親分もウカウカしていられませんね。
    いざとなったら、ロス茶から縁を切られそうだ。
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。

ネット証券比較

検索
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ