shin5nackさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ868件目 / 全981件次へ »

ペットボトル茶の20倍健康によいお茶

栄養学の専門家であるShiming Li博士の研究結果Li博士は、自宅で淹れた緑茶・紅茶と、米国でメジャーなペットボトル茶6種類に含まれる、ポリフェノール量を測定。すると、自宅の緑茶・紅茶は、カップ1杯で平均50~150ミリグラムのポリフェノールが含まれている一方、市販のペットボトル茶は、16オンス(453.6g)のボトルに3ミリグラム~81ミリグラム程度しか含まれていなかったとか。つまり、自宅で淹れるお茶のほうが、ペットボトル茶よりも、約20倍ポリフェノール量が多いというわけです。この結果を踏まえ、Li博士は、「消費者が期待しているほど、ペットボトル茶の健康への効果は高くない」と指摘しています。また、米国のペットボトル茶製品の中には、糖分を含むものもあるので、ペットボトル茶を買うよりも、自分で淹れるほうがカラダによさそうです。ソースはこちらというわけで、そもそもお茶は淹れたてが美味しいのです!そして、自分で淹れた方が何といっても安上がり!そんな、お茶好きの方へ紹介したいのが、当店が自信を持ってドイツから一本釣りで引っ張ってきた「ロイヤルミルクティー専用ブレンド」茶葉店内でご注文された方で、お帰りの際に茶葉をご購入なさる方も非常に多いSaraswatiカフェの人気商品です。淹れ方は至って簡単。カフェで開発した簡単に美味しく淹れるコツを書いたシークレットレシピも付いてます!この冬は、ちょっとリッチに、手軽に美味しいロイヤルミルクティーをご自宅で楽しみませんか?<ここでまめ知識>紅茶に含まれるフラボノイドは、食中毒菌の殺菌効果や、インフルエンザウイルスの感染力を失わせる作用といった、抗菌作用が強いので、風邪の予防になるほか、喉が痛む風邪のときは紅茶でうがいをすると良いというお話もあります。相次ぐ学級閉鎖など、インフルエンザウイルスが蔓延しているこの時期ですから、普段から季節や体調を意識してドリンクを選択するのが賢いカフェの利用方法ですね!サラスワティカフェでは、季節のオススメや新商品を随時更新しておりますので、いろいろスタッフに聞いてみて下さいね☆全14種類の自家製ジンジャードリンクも絶賛オススメ中です。次回の特集はアサイーです。お見逃し無く!
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2011/01/17(23:04)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。