瀬谷空悠太郎さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ423件目 / 全525件次へ »

寄り付き前予想

昨日のNY市場、年末商戦が期待外れとの見方、10月のケース・シラー住宅価格指数が大幅に低下したことを受け、下げていたものの下げ渋りの動きで小幅高、ほぼ横ばいで終了。
年間ベースでほぼ下落が確定しているが、この下げ幅をあと2日でいかに縮小できるか。
昨日の節税対策の売りに押されていた中小型株などの急騰銘柄にある程度の利益確定売りも予想され、売り買い交錯を予想。ただ年末ラリーも続くと思われ、底堅く推移を予想。
注目は新興三市場の急騰ぶり。
─/。

NY株式26日(終値)
ダウ平均   13551.69(+2.36 +0.02%)
S&P500    1497.66(+1.21 +0.08%)
ナスダック   2724.41(+10.91 +0.40%)

CME日経平均先物 15745(大証終比:+25 +0.16%)

寄り付き前外資系証券動向、株数ベース、金額ベースともに3日連続の買い越し。
3日連続の買い越しは10月初旬以来。

テクニカル面では、日経平均が年始あたりにGCしそうな感じになっている。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    寄り付き前予想
登録日時:2007/12/27(07:30)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。