映画ずきのしんちゃんさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ400件目 / 全1046件次へ »

円高からの転換がくるかどうか

21日の日経平均は9376.48(-5.12) 基準線、転換線の下だが、雲の上限を守っている。ボリンジャーはマイナスσの近辺、MACD RCIは下降。一時ドル安を牽制するガイトナー発言の噂で大きく上げたが、結局もとのもくあみ。目先は下降基調になっているが、なんとか雲の上限9301を維持している。 

ダウは11146.57(38.60)雲、基準線、転換線11036の上、ボリンジャーはプラスσ上、MACD RCIは横ばい。好決算とドル高との綱引きで、上下したが、結局小幅上昇。上昇基調は保っているが、転換線、プラスσをまたぐような動きがでてきて、バンドも少し狭まってきているので、そろそろ上昇一服してもおかしくない状況。

ドル円は81.33雲、基準線、転換線の下、ボリンジャーはマイナスσの外側、MACD RCIは底ばい。基調は円高だが、80円で支えられ、一時81・8までドルが上昇したが、結局元の木阿弥。

アメリカは好決算がつづいているようで、ダウはなお上昇基調を保っているが、そろそろ上げ疲れがみえてきており、FRBで材料出尽くしになる可能性も考えられる。アメリカの長期金利は底打ちしているようだが、基準線の下で、転換線の近辺にまだあり、明確な上昇にはまだ転じていないので、ドル円相場もなお円高基調になっている。ただ、ドル安を牽制するような噂が飛び交うということは、そろそろドル高に動くことへの警戒が関係者にあることを意味しているかもしれない。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2010/10/22(06:22)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。