収益性
0
活発度
0
人気度
53
収益量
0
投稿量
78
注目度
58

jojuさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ1429件目 / 全1494件次へ »

金融緩和の額が足りない、買うものがずれている

 今般、日銀の金融緩和での購入額、5兆円では力不足。 せめて数十兆規模に膨らませて欲しい。

 REIT、ETFの購入は疑問。 これらの市場は、信用緩和が必要なほど、アンダーシュートしているとは思えない。 市場を歪めることにならないか? 
 ETFを買いまくる=良い企業の株も悪い企業の株も、同列に買いまくる、、これは、明らかに市場を歪める方向に作用する。 これは、国全体として資源配分を歪めることになり、生産性やイノベーションの悪化方向=競争力低下方向に作用する。

 デフレ脱却のために、為替調整よりも国内経済の競争力を高めることが必要、、というのが、白川総裁のつい最近までの持論だったと思うのだが、今回の金融緩和はそれとも矛盾しないか?(為替の歪み調整と競争力向上の両方が必要で、前者が特に重要と思うのだが、、)

 REIT、ETFに購入よりも、もっと長期国債を買い増すとか、外国国債(韓国、新興国など)を購入するとかして、オーバーシュート気味の為替に影響を及ぼすべきだと思う。
 ここ10年以上の先進国のデフレ傾向(デイスインフレトレンド)は、人民元安固定政策による為替市場の歪みが主因なのだから、その歪みを除去する方向で金融緩和を行うべき。

 市場の歪みを拡大する方向で、金融緩和してはならない。 それは日銀の資産を毀損させる。

 現状では、今般金融緩和は、円高に一定のブレーキをかける効果しか期待出来ないと思える。 

 
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    マクロ分析
登録日時:2010/10/06(22:55)

 通報する

このブログへのコメント

1~4件 / 全4件

  •  通報する

    2010/10/06(23:24)
    こんばんは。

    まさに正論です。強く支持したいと思います。

    菅民主党政権と日銀はブレまくり矛盾だらけですね。
    打つ手打つ手に一貫性が無く、場当たり的対応に終始しています。
    そう感じます。
  •  通報する

    2010/10/06(23:37)
     どうもです。
     
     日銀法再改正の脅しをかけた小沢氏が、検察対応でテンヤわんやですから、白川総裁も枕を高くして、何もしなくなるのでは?、、と心配。

     小沢さん、行きあたりばったりで、政治家として全く評価してませんが(戦略眼ゼロ、単なる選挙屋)、行きあたりばったりの末、最近、提唱し出した日銀法再改正の脅し(=みんなの党のパクリ)は、前向きな動きでした。

     戦略眼の低下=視野の狭さ=オタク化、は政治家のみならず、戦中派世代以降の日本全体のトレンドですから、小沢氏に限った問題ではないのですが、、
  •  通報する

    2010/10/07(21:08)
     ETF購入はマーケットニュートラルだから、最適配分からそんなにずれないでしょう、、と自己突っ込み
  •  通報する

    2010/10/07(21:50)
     うんにゃ、業界カルテルがはびこる反面、トラスト規制が強固なNKでは、マーケットニュートラル≒最適配分に、必ずしもならない。
     それに、通貨安に効かない金融緩和を行いつつ、ETFお買い上げで株価上昇となるのは、実態と株価のかい離、となる。これも市場の歪み拡大要因、、、以上、自己ぼけ回答。

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。