映画ずきのしんちゃんさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ1043件目 / 全1046件次へ »

下降トレンドが明確に

NYは少し戻しましたが、反応は弱いようです。下ひげをひいてはいるものの、日足の転換線も回復できずに終わっています。各国中央銀行が協調して流動性を供給するといっても、それは金融セクターの資金繰りにとどまり、住宅をはじめとする実態経済には、役に立たないというのが市場の反応なのでしょうか。月足はまだ転換線の上ですが、MACDはまるまっていますし、週足はまもなく転換線が基準線を下抜けしそうで、MACDはゼロに接近しつつあり、リセッション突入の予測が多数派になっているという雰囲気をあらわしているようです。
日経平均は、16000円の月足基準線を大きく割り、MACDも鋭く降下、週足では転換線にもとどかず、MACDはマイナス海面下ににますます沈んでいます。そして日足では、転換線を割って基準線あたりでとまりましたが、MACDはゼロラインを上に突破する直前で再び下降に転換。月足のボリンでみても、日経平均は、TPが下げ基調で2003年6-7月以来となる明確な下降トレンドを描いています。前回は1年ちかく下降してしまっており、このまま下げるようならば、こういう本格的な調整入りが避けられないのではないでしょうか。割安は割安なんでしょうが、値ごろで買うなという格言もあり、やはり下げ止まるのを見極めるのが先でしょうね・・・
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2007/12/13(17:02)

 通報する

このブログへのコメント

1~2件 / 全2件

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。