収益性
62
活発度
49
人気度
58
収益量
100
投稿量
72
注目度
91

ストリートアナリストさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ125件目 / 全557件次へ »
ブログ

映画「ザ・ウォーカー」

ザ・ウォーカーを見た。

社会が崩壊した後の混乱の社会が舞台になっていました。

もし戦争などで社会が崩壊すると、こんな感じだろうと思わせる、考えさせられる映画でした。

ストーリーは、そういう混沌とした社会で、何に希望を見出すかがテーマになっていました。

映画を見て感じたのは、食べ物に困らない、理不尽に殺される不安もない社会というのは、人類歴史上非常に稀なことで、今の日本に生活できているのは、ある意味奇跡的なことかもしれません。

人類の歴史は、ほとんどが暴力による略奪の歴史であって、これからの日本も、いつそういう時代に戻ってもおかしくないことを感じます。

かなり極端で、そうなることはないと思いますが、混沌とした社会に逆戻りしたときにどう生きるか、どう生き残るかも、考えておいた方が良いのか...と考えさせられる映画でした。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

6件のコメントがあります
  • イメージ
    為替少年さん (対象外)
    2010/07/06(12:16)
    なんか平和ですもんねぇ~

    北朝鮮の暴発とか、可能性「0」と思っている人が大半だろうし。

    「戦争」について質問には、「戦場に行って死にたくないから、戦争は嫌だ」と多くの人が答えますが、戦場に行くという前提で、今、居る場所を侵略される事は想定していないんですよね。

    戦争・紛争のある国々で生活している人たちの精神力は日本人に比べたら、それはそれは凄いのだと思います。
  • イメージ
    為替少年さん、こんばんは。

    戦争仕掛けなければ安全、というのは歴史的に見ても、そうならない可能性がありますね。
    いきなり世界が終るようなことを想定しなくても、この平和な状況が未来永劫当然のように続くと想定するのは、危険かなと感じます。

    イスラエルの人々がどのような感覚なのかも、知りたいところです。
  • イメージ
    ストアナさん、こんばんは(^o^)

    > もし戦争などで社会が崩壊すると、
    > こんな感じだろうと思わせる、考えさせられる映画でした。

    こういう映画も悪くないですね。

    > ストーリーは、そういう混沌とした社会で、
    > 何に希望を見出すかがテーマになっていました。

    ちょっとアメリカ風ですかね?(^o^)
    いいですね(^o^)

    > 食べ物に困らない、理不尽に殺される不安もない社会というのは、
    > 人類歴史上非常に稀なことで、
    > 今の日本に生活できているのは、ある意味奇跡的なことかもしれません。

    確かに。
    ありがたく感謝しないといけないですね。

    > イスラエルの人々がどのような感覚なのかも、知りたいところです。

    これ、本当に同感です。
  • イメージ
    こんばんは、ストアナさん

    結構こういう映画ストアナさんみてますよね?^^

    「アイ・アム・レジェンド」とかも映画館でみてませんでしたっけ??

    >混沌とした社会に逆戻りしたときにどう生きるか、どう生き残るかも、考えておいた方が良いのか...と考えさせられる映画でした。

    もうそうなれば、「リアル鉄砲長(火縄銃装填)」になるしかないですやん( ̄ー ̄;
  • イメージ
    こうちゃんさん、おはようございます。

    今、私の中では社会のリセットとか、経済の崩壊が関心事になっているので、どうしてもこういう映画を見ると、考えてしまうのかもしれません。

    大混乱の中から希望をどう見出してゆくか...

    これはけっこう難しい問題ですね。
  • イメージ
    鉄砲長さん、こんばんは。

    そうそう、アイアムレジェンドも見ました。

    どうもこの手の世紀末映画には食いついてしまいます。

    私も火縄銃用意しとこうかな...
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。