収益性
0
活発度
48
人気度
51
収益量
0
投稿量
71
注目度
51

映画ずきのしんちゃんさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ479件目 / 全1056件次へ »
ブログ

米景気の回復に懸念、円高進行で辛い展開

6月30日の日経平均は9382.64(-188.03)と窓をあけて下落、6月の終値の安値9542を割り込み、ザラ場安値も9347と6月のザラ場安値9378を切り込み、年初来安値。雲、基準線、転換線の下、遅行線が日々線にそって下落、ボリンジャーはマイナス2σ9346の近辺まで落ち込み、MACD RCIも下降。下げの勢いが加速、11月安値9076、雲の下限8894を試す展開になりそうだ。 

ダウは9774.02(-96.28)。6月の終値ベースの安値9939を下に抜け、年初来安値。雲、基準線、転換線の下、遅行線が日々線にそって下げ、ボリンジャーはマイナス2σ9793を切ってきており、MACD RCIも下降。週足の雲の上限9731を守れるかどうか、だが、これを割ると雲の下限8525あたりが下値のめどになりそうだ。

ドル円は88.45雲、基準線、転換線の下、ボリンジャーはマイナス2σ88.85を下に切り、MACD RCI
は下降。RCIは底に達しており、いくらか抵抗もみられるが、5月の安値87.94を目指す動きであり、ここを切るとさらに円高が進みそうだ。問題はアメリカの米国債の10年ものの金利がマイナス2σ3.019%も切ってきており、マイナス3σに接近、バンドも広がって、どうも金利の低下がとまっていないことだ。

ADP雇用統計は回復が鈍り、シカゴの景気指数もよくなく、スペイン国債の格下げのニュースも伝わって、リスク回避志向が高まり、資金が株から債権へと動き、アメリカの10年もの国債の金利も引き続き低下、これが円高を進めており、東京には厳しい展開。アメリカの雇用は回復しているものの、勢いが落ち込んでおり、雇用統計に懸念が強まっている。チャート上は、ダブルボトムが崩れてしまったことで、一旦もう一度下値を試して固めないといけない状況になってしまっている。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。