ひさっちさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ1493件目 / 全3060件次へ »

すき家と松屋は2ケタ増 吉野家は2ケタ減 5月度売上 

すき家と松屋は5月度売上2ケタ増
逆に吉野家は5月度売上2ケタ減。

ここまで明暗がはっきり分かれるのも凄いですね。

それにしてもすき家の客数+27.1%って凄いですね。
いろいろなトッピングやカレーもあったり単なる牛丼だけの店でないというのも好調な秘訣なのかも。
近所のすき家で良く目にするのは家族連れだったりしますからね。
お子様セットなるものまであって小さな子連れていっても大丈夫ですし。


それにしても吉野家の没落ぶりはひどいですね。
驕れる者は久しからず。。。




「すき家」「松屋」2ケタ増、「吉野家」は2ケタ減 牛丼チェーン5月の販売実績で明暗くっきり
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100610/biz1006101528014-n1.htm

 大手牛丼チェーン3社の5月の販売実績が10日、出そろった。それによると、「すき家」と「松屋」の既存店売上高がそれぞれ前年実績を上回る一方、「吉野家」は前年割れと“明暗”が分かれた。牛丼並盛価格380円での提供を続ける吉野家は、すき家より100円割高な料金が、顧客の流失を招き、反転の機会を見いだせずにいる。

 「すき家」を運営するゼンショーが10日発表した既存店売上高は前年同月比17・3%増と4カ月連続でプラスとなった。客数が27.1%増と絶好調だったため。「並盛280円の業界最安値が消費者に浸透したほか、チーズやキムチなどのトッピングで味が変えられるため、食い飽きを起こさず、来店頻度を増やせている」(広報)と、好調の要因を分析している。

 牛めし並を320円で提供する松屋フーズ傘下の「松屋」も好調だ。牛めしの堅調に加え、定食メニューの品ぞろえ強化で、5月の既存店客数が13.8%増となり、売上高は2.9%増を確保した。

 一方、「吉野家」は、大手牛丼チェーンで唯一、客数と売り上げの減少を強いられている。5月の客数は13.5%減、売上高も13.9%減、ともに15カ月連続で前年実績を下回った。

 4月に牛丼並盛を270円に値下げするキャンペーンを実施したことで反動減を招き、売上高の減少率は4月の6.9%減から倍近くに拡大した。大手牛丼チェーンでは、松屋とすき家が、6月1日から、牛丼並盛を250円に値下げする期間限定キャンペーンを実施したのに対し、吉野家は見送ったこともあり、6月も苦戦が予想されそうだ。
登録日時:2010/06/10(17:20)

 通報する

このブログへのコメント

1~2件 / 全2件

  •  通報する

    2010/06/11(07:17)
    ひさっちさん おはようございます。

    両建てでゲットした吉野家の優待券、早目に使ってしまおうかな?(^_^;)
    もう少ししたらゼンショーからも送ってくるし
  •  通報する

    2010/06/11(17:19)
    ヨロさん こんにちわ

    >もう少ししたらゼンショーからも送ってくるし

    私も1000株保有しているので12000円分の食事券が届くの楽しみです。

    私の両親も夫婦それぞれ100株ずつ優待目当てで保有しているって言ってましたわw

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。