収益性
0
活発度
47
人気度
51
収益量
0
投稿量
70
注目度
53

映画ずきのしんちゃんさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ490件目 / 全1050件次へ »

ダウ大幅上昇

6月2日の日経平均は9603.24(-108.59) 雲、基準線、転換線の下、ボリンジャーはマイナスσ9727の下、ただしMACD RCIはいぜん底打ち。 

ダウは10249.54(225.52)雲、基準線、転換線10148を大きく上抜け、ボリンジャーはマイナスσ10186を回復。MACD RCIは底打ち。大きく反発してようやく底打ちのきざしがみえてきたが、基準線10516はかなり上にあり、基調転換が確認できるまではまだ距離がある。

ドル円は92.18転換線、基準線91.14、雲の下限91.38を上に抜け、ボリンジャーはTP91.98を回復、 MACDはシグナルを抜けて上昇、RCIも上昇。

鳩山首相の辞任で、円安が一気に進んだ。ユーロドルは依然小動きで、ユーロ圏の金融不安はまだ抜けきっているとは言えないが、自動車販売など景気回復を示す指標が効いてきたのか、ダウは底打ち反転の様相。政局が不透明で、外国人投資家が円を買いにくく、また本命視される管氏は、円安論者とみられており、為替は円安に動いており、これも輸出企業の業績にはプラス。日経平均も底打ちのきっかけをつかめることが期待される。とはいっても、政局の見通しが不透明である以上、上値も限られそうだが、新たな首相がきまれば、反転のきっかけをまっていたところで、ご祝儀相場になる可能性もないとはいえない。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2010/06/03(06:49)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。