カいさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ148件目 / 全186件次へ »

IQが下がる現象



傍から見ているとよくわかるのだけれども、人間はIQが下がるときがあります。
阿呆になるの方がわかりやすいでしょうか。
たとえば、そうですね、原始人が果物や木の実を採取していたとしましょう。
どんぐりの木がすごく危険な崖のそばで、しかも虎がよく出没するところにあると。
十分な量の果物が取れたら、もう危険を侵してどんぐりを取りに行く必要はないはずなのですが、人間が阿呆になるとどんぐりを取らなければならないと思い込んでしまいます。
そして、どんぐりを取りに行かなければならない現状を嘆くのです。
意味が分からないでしょう?
おそらく、何らかの思い込みがそうさせているのです。
食べ物を取りに行く時は危険がいっぱいだという先入観と、その世界観が壊れることへの不安。
危険がいっぱいな仕事をこなせる自分は特別で優秀だというプライド、そしてそう周囲に認められたいという気持ち。
手下に危険な任務を遂行させることで、自分が他人を支配したいという欲求。
なんかそういうのが人間を阿呆にするんですね。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2010/04/28(00:00)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。