収益性
52
活発度
0
人気度
50
収益量
53
投稿量
52
注目度
53

miyupapaさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ5件目 / 全39件次へ »

日経平均の下げ止まりは?

本日、NYダウは223ドル安の13042ドル、本日最安値は13017ドル。取引終了間際に僅かだけ上げて終わった。

円はとうとう110.99と、110円台突入。

2006年5月以来の110円台、この時、日経平均、15442円。

円に主観をおいて、ここを安値の支持線とすれば底打ち間近であり、1円=300円の連動を考えれば、日経平均は後、300円の下げ余地を残す?(110.00円基準)

2006年5月のNYダウ最安値は11168ドル。

現在13017ドル。円のドルレートが同水準になった時に日経平均も同水準になったが、NYダウは2000ドル高。

NYダウが下げ止まらなく、12500ドル、12000ドルの下値支持線を突破していくようなら、円、日経平均はどのように動くのか?

今のアメリカをみると、バブルがはじけた時の日本にそっくりで、サブによる不動産の下落、金融不安、大手企業の巨大損失...。この先はというと、金融機関の貸し渋り=中小企業の倒産+リストラ=失業者急増=デフレスパイラル=経済全体の後退...。

すでに手持ちの保有株は全て売却済みで、買い場を待っています。そこで買いタイミングについて。

1 円が110円を割った時。

2 2006年6月につけた14045円付近

今現在はこの2点で買いタイミングを待ちながら、12月になれば海外ファンドの決算売りが落ち着く?という理由で今月末に買いにでようか?等と考えています。場合によっては、アメリカ市場の減退によって業績懸念が強まる企業、円高が進む前提で、輸出依存度の高い企業の売りではいるかも?

みんかぶのみなさんは現時点での、投資時期、方法、どのように考えていますでしょうか?
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2007/11/10(08:01)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。