あさっての投資家さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ1038件目 / 全1056件次へ »

引き続きケイタイの話題

(ニュースより)四半期の携帯電話の国内出荷が3%増加だそうです。
しかも過去5年で最多。

現在、携帯電話が飽和状態になりつつあるということを踏まえると、
1.一人の人が複数持ち始めている
2.新しい機種への買い替えが進んでいる
3.キャリア(通信業者)の乗換えが増えている
の三つが可能性として上げられますが、言うまでもなく、3が主な理由でしょうね。
…という事は、ドコモ、au、ソフトバンクにとっては競争が激化し、マイナスですが、複数のキャリアに端末を提供するメーカーにとっては嬉しい話ですね。

ただ日本の端末メーカーはなぜか海外に弱い。
これだけ携帯電話に機能が集約されているのは日本ぐらいなのに、そのメリットが全く生かされていません。
規模の力で押し出されている感じです。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2007/06/05(21:17)

 通報する

このブログへのコメント

1~4件 / 全4件

  •  通報する

    2007/06/05(21:39)
    確かに!個人営業から法人営業、ケータイを使ってのサービスを模索中なのだと思います。5年後10年後を考えただけでも恐ろしいですよねぇ。。
  •  通報する

    2007/06/05(21:46)
    携帯業界は1年でがらっと世界が変わってそうですよね!
    日本の携帯を世界に広げれば大きなビジネスになるのでは?
  •  通報する

    2007/06/06(00:32)
    ですね。
    日本だけで競ってても限界ありますよね。
  •  通報する

    2007/06/06(20:50)
    たけちゃんマンさん、かずさん、まーたんさん、コメントありがとうございます。

    たけちゃんマンさんへ
    おそらく各社とも、価格競争は避けたいと思っているのでしょうね。
    ドコモなどは法人営業に力を入れつつあるようですが。
    まだ各社、個性的なサービスにはつながっていないようですね。

    かずさんへ
    確かに、日本の携帯を世界に広げれば大きなビジネスになるのですが…
    サムスンに先を越されているのが現状です。
    確かシャープが携帯に初めてカメラを付けたのに、世界展開したのはサムスン。
    資本展開の遅さが原因か、それとも小ささが原因でしょうか。

    まーたんさんへ
    仰るとおり、日本だけでは限界があるんですよね。
    しかしNECに至っては、世界市場から撤退する状況。
    少なくとも、2~3社が共同で海外に子会社&工場を作って対抗すれば良いと思いますが、そう簡単には話が進んでいないようです。

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。