収益性
0
活発度
0
人気度
51
収益量
0
投稿量
70
注目度
49

映画ずきのしんちゃんさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ559件目 / 全1052件次へ »
ブログ

NY底堅く

17日の日経平均は10306.83(+272.58)と大幅高。窓を埋めて、転換線10152を突破、まだ基準線の下だが、雲の上限10335にわずかに届かない水準まで上げて引けた。ボリンジャーはまだマイナスσをこえたところだが、MACD,RCIは反発上昇過程にはいっている。まだ基準線も雲もぬけていないので、上昇局面とは言い難いが、反発の過程にあることは間違いない。週足も基準線、雲の上限をぬけてきており、ボリンジャーもTP10263を回復、まだプラスσにはとどいていないし、週足RCI,MACDは下げているので上昇入とは判断できないが、買戻し反発過程と思われる。とはいえ売買高は薄い。

ダウは10309.24(+40.43)と小幅ながら続伸。基準線10282を回復。まだ雲の上限10470はかなり上だが、TP10291も抜けてきており、RCIも上昇中、MACDもシグナルを抜けてきており、雲の中なので頭は重いが上昇局面にはいりつつある印象だ。中期のほうも、基準線の上、転換線10282をぬけてきており、ボリンジャーは10330のTPの近辺まで戻してきている。RCI.MACDは下げており、上昇入りとはいえないものの、こちらも買戻反発局面。

ドル円は91.32と91円台を回復。基準線90.65を上にぬけ91.38の雲の上限にむかっているが、雲の上限あたりに、長いドル安のトレンドラインがあり、この水準を上に突破できるかどうかが見所だが、何回もここで押し戻されているので、あまり楽観はできないだろう。

住宅着工件件数の改善、鉱工業生産指数の上昇ということで、アメリカの経済の回復期待が広がっているようだ。FRBの議事録で、出口戦略を促す発言があったことで、金利も上昇してきており、ドルもややドル高含みになりつつあるので、東京にはありがたい環境である。日米とも目先はかなり明るくなっているが、中期はまだ下向き圧力が強いのに注意が必要だろう。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。