映画ずきのしんちゃんさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ562件目 / 全1047件次へ »

中期の節目を維持できるか

2月5日の日経平均は10057.09(-298.89)大きく窓をあけて下落、雲の上限10102を下抜けてしまった。遅行線が雲の上限に衝突する近辺でとまった形になっている。10076のボリンジャーマイナス2σをきっており、下げの勢いはきわめて強い。しかし週足はまだ基準線10029を割り込んでいない。週足ボリンジャーはTPを割り込んできているもののマイナスσにはとどいていないので、中期の下げ基調に転換する直前でかろうじて踏みとどまっている感じだ。

ダウは10012.23(+10.05)急落の後、長いしたひげをひいて、わずかに上昇。下値の抵抗が強いことをうかがわせるが、雲の下、ボリンジャーもまだ2σの近辺にあり、下げ止まったかまだ不安が残る。週足は基準線9923を維持しているが、週足ボリンジャーはマイナス2シグマの近辺でなお下げの勢いはかなり強い。

ドル円は89.24.基準線、転換線、雲の上限89.31の下で円高トレンド、ボリンジャーもマイナスσの外にある。週足も基準線転換線の下だが、ボリンジャーはマイナスシグマの内側ではっきりと下げ基調にはなってはいない。

ギリシャの国債の問題を引き金に下げになっているが、NYも東京もまだかろうじて中期は節目を保っている。維持できるかどうか、注目であり、これよりさらに下げれば中期的にも調整入りとなってしまう。ただ為替の動きが、どうも円高に動きそうな気配なのが気になる。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2010/02/06(18:26)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。