Raguelさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ700件目 / 全748件次へ »

チャンスは何度でも訪れる

8b9fc3962 


昨日の日経平均予想をチャートと照らし合わせて見ると、予想値の上限(16500円)以外は、すべて三角持合いを下抜けることに気がつきました。
こうして見ると、あの予想はちょっと大胆すぎるような気がしないでもありません。
とは言え、計算結果を修正するに足る根拠があるわけでもなく、「16000円を伺う可能性あり」の前提で臨むスタンスには変更ありません。

さて、そこで投資環境を見回してみると、現時点ではサブプライムローン問題以外にも中東問題や国内政治などに不安要素のほうが多いような印象は確かにある。
こうした環境下での投資スタンスにおける当面のキーワードを、「新興」と「決算」としました。

まず一つ目のキーワードの「新興」には、「新興諸国」と「新興市場」2つの意味があります。
前者は中国を筆頭にしたいわゆるBRICS諸国のパワーに期待するということです。
特に中国は、バブル的要素が感じられるものの、米国の景気低下リスクを補う切り札になりつつあるのは間違いないところ。
個人的には、あまり乗っかりたくない話ではあるんですけどね・・・

もううひとつの「新興市場」については、改めて言う必要はないと思われます。
マザーズ市場を始めとする新興市場の回復基調は、ほぼ固まったと(勝手に?)確信しています。

キーワードの二つ目の「決算」は、全体としては不安定要素を抱えている中で、ミクロ的に個別企業のファンダメンタルズに注目することによって勝機を見い出す、ということです。
大きな流れに飲まれる場面もあるでしょうが、好決算で先々見通しの良い企業であれば、そこは押し目を拾うチャンスと見ます。

そうした押し目を確実に拾うために大切なことは、「焦らない」こと。
高値追いや不十分な押し目を買ってしまって、本当に買うべきときに資金がないという情けないことを、今まで何度繰り返してきたことか・・・^^;

そして「焦らない」ためには、以前このコラムで書いたとおり、「持たざるリスクはリスクではない」という信念を強く持ち続けることが重要だと、改めて肝に銘じておきたいと思います。

クリックして頂けると励みになりますm(_ _)m
FC2 Blog Ranking[株式・投資]

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2007/11/03(21:38)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。