yoc1234さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ11876件目 / 全15421件次へ »

「三国志」曹操の陵墓の文字は偽者か?

30b4ebe39 

「三国志」曹操の陵墓の文字は偽者か? 2010年01月02日
曹操、 魏武王、三国志:中国でもこの石碑自体、盗掘された時に後から入れられたものと見る人もいるようだ。口に注目すると、丸くなっていて、明らかに後世のもののように見える。次の書体の天発神讖碑(276)を見ると明らかに違うように見える。この発見自体捏造だとも言われているが、その審議は定かでない。場所も本拠地でなく敵地である。


http://www.tonan.jp/download/tonan/061123nenpyo.pdf

「三国志」曹操の陵墓を発見、中国河南省 「魏武王」の文字



中国河南(Henan)省安陽(Anyang)県で発見された陵墓から出土した銘文の刻まれた石牌(せきはい)。『三国志』の英雄として知られる武将、魏(Wei)の曹操(Cao Cao、155~220年)を示す「魏武王」という名が刻まれている(2009年12月27日撮影)。(c)AFP





【12月28日 AFP】(写真追加)「三国志」の英雄として知られる武将、魏(Wei)の曹操(Cao Cao、155~220年)の陵墓が、中国の河南(Henan)省で発見された。国営英字紙チャイナ・デーリー(China Daily)が28日、報じた。

 陸墓の所在地は、黄河(Yellow River)に程近い同省安陽(Anyang)市郊外。河南省文物局の発表によると、陵墓の発掘は1年前から行われていたが、これまでの鑑定結果などから曹操の陵墓であることが確実になったという。

 陵墓は面積約740平方メートルで、60代男性の遺骨が見つかっており、65歳で死去した曹操のものとみられる。また、50代と20代前半の女性2人の遺骨も発見され、それぞれ曹操の妻とその付き人のものと考えられている。

 出土品の多くには、「魏武王が使用したもの」と刻まれていたという。出土品の総数は250以上に上る。

 陵墓の発掘は前年、陵墓から盗掘されたとみられる石牌に「魏武王」の文字が刻まれていたことから、文物局に報告され、本格的に始まったという。

 曹操は、208年から220年に65歳で死去するまで漢王朝(後漢、東漢)において活躍し、三国時代の魏の基礎を築いた。専制的との評価もあるが、戦略家として、また詩人としても優れていたとされる。(c)AFP

登録日時:2010/01/02(18:19)

 通報する

このブログへのコメント

1~5件 / 全5件

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。