映画ずきのしんちゃんさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ591件目 / 全1047件次へ »

勢いいまひとつ

18日の日経平均は、10142.05(-21.75)雲の中を下げ、転換線10047を一時きってきたが長い下ヒゲをつけて転換線を回復。ボリンジャーはプラスシグマ10107を守った。上昇基調を一応維持しているが、雲の上限を超えられず、RCIは下降しており、上昇基調を保てるかどう正念場。週足は雲の中で転換線の上。ボリンジャーはプラスシグマ10255の下で、上昇局面ではあるが勢いはない。

ダウは10328.89(+20.63)は木曜日に大きく下げて、転換線から基準線10343を割り込んできてしまった。ボリンジャーもマイナスシグマ10326の近辺で、下降基調にかわるかどうかの微妙なところ。週足のボリンジャーもプラスシグマ10363を割り込んできている。一目では転換線、基準線の上であるが、遅行線が雲の上限と衝突しており、押さえ込まれている形である。

ドル円は90.52。ドル高方向に基準線、転換線を抜けてドル高方向だが雲の下限でおさえられている。ボリンジャーはプラスシグマの上にでてきている。一方週足は依然として基準線91.25の下にあり、ボリンジャーはTPの近辺。まだ中期ドル高方向への転換は確認できない水準だ。

アメリカ国債10年ものを週足で見ると、基準線3.52、ボリンジャープラスシグマ3.52の近辺。じわりと金利上昇が明確になってきている。この傾向が続くのであれば、じわりとドル高方向にすすんでゆくであろうが、まだはっきりとしない。ドル円が日足雲の上限91とか、週足の基準線91.25あたりを抜けてくると、日経平均も雲の上限10197を超えてくるのではないかと思われるが、そのためにはアメリカの長期金利がもう一段上昇することが必要ではないか。ただダウが頭をうってきており、下降基調にかわりそうな気配になっており、そうなると、東京の上も限られてこよう。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2009/12/20(11:52)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。