らむたらさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ21件目 / 全21件次へ »

最近の上海市場について

最近の上海市場の動きは・・・
”証券取引印紙税率引き上げ”により、バブル化した市場が適正な調整をしている? という見解でいいんですかね。
今のところ中国株が暴落している訳ではなさそうなので楽観視していますが、株価上昇しか知らなかった中国の方々が狼狽売りでもしだしたら・・と考えると結構危険なんでしょうか?

今日の上海市場は後場に反落してしまったので、この後の米市場がこけてしまったら・・・、日本市場も来週早々に水をさされるってこともありえますよね。。

皆さんはどうお考えでしょうか?
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2007/06/01(18:31)

 通報する

このブログへのコメント

1~2件 / 全2件

  •  通報する

    2007/06/01(21:38)
    らむたらさん、はじめまして。

    中国はご存知のとおり、証券取引印紙税率引き上げやグリーンスパン発言などにより、調整しているようですね。

    ただ、中国よりもアメリカの市場の落下の方が怖いです。
    世界の景気や消費を牽引しているのは今のところアメリカだけですから。
    アメリカがコケたら、世界同時株安はほぼ間違いないと思います。
  •  通報する

    2007/06/01(22:34)
    あさっての投資家さん、コメントありがとうございます。

    今日のアメリカの市場に影響しそうな経済指数は”ISM製造業景況指数”ですかね。でも最近のアメリカ市場は悪い指数がでても利下げ期待で株があがったりしてますよね。。

    う~ん、そう考えるとやはり今日は来週に向けて仕込んでおくべきだったんですかね。

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。