tetsuさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ1146件目 / 全2589件次へ »

信用取引現在高(一般信用取引・制度信用取引別)

E86341061 799c87ffe 

東京証券取引所が27日に発表した前週末23日申し込み時点の信用取引の買い残高(東京・大阪・名古屋3市場、制度信用と一般信用の合計)は2週連続で増加した。買い残高は1兆6636億円。前の週(16日申し込み時点)から341億円増え、2008年10月3日時点(1兆7585億円)以来の水準まで高まった。この週の日経平均株価は方向感の乏しい展開だったが、「個人投資家などは個別の材料に着目して信用買いに動いた」(国内証券テクニカルアナリスト)ようだ。信用売り残は前の週に比べ168億円減の8527億円だった。
 個別銘柄では、株数ベースでJAL(9205)が前の週に引き続き、売り買いともに増加した。三洋電(6764)も売りと買いが共に増えた。三菱UFJや野村は、買い残が増加する一方、売り残は減少した。
 ブラジル株式指数のボベスパに連動する上場投資信託(ETF)の野村ボベスパ(1325)の買い残は315万口増加の579万口と急増。2008年7月の上場後の最高となった。売り残は77万口増の174万口だった。
 信用の買い残を売り残で除した信用倍率は1.95倍(金額ベース)と前の週(1.87倍)から増加した。

・・・日経新聞
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2009/10/27(19:01)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。