収益性
0
活発度
48
人気度
51
収益量
0
投稿量
71
注目度
52

映画ずきのしんちゃんさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ640件目 / 全1057件次へ »
ブログ

本格的上昇に転じるかどうか

16日の日経平均は10257.56(+18.91)と小動き。基準線を越して雲の中を上昇中だが、雲上限10454まではかなりの距離がある。ボリンジャーはTPをこえてきたが、まだプラスσ10393には届いていない。MACD、RCIは上昇している。週足をみると基準線の上で転換線10197を越してきたもののその近辺でとまっている形。MACDはシグナルの下、RCIは下降中、ボリンジャーはちょうとTP(13週)の10258の手前で頭をうっているところだ。

ダウは9995.91(-67.03)と反落。バンカメの決算を嫌気して下落した。とはいえまだ基準線9746、転換線9832の上、MACDもRCIも上昇しているし、ボリンジャーのプラスσ9905も維持していて、目先は上昇局面が続いている。週足も雲の上限を抜けてきており、中期も明るくなってきている。週足ボリンジャーもプラスσ9783の上にある。

ドル円は90.88で、基準線90.29をドル高方向に越してきた。RCI,MACDも上昇中で、目先円高トレンドは終息した。}ボリンジャーもプラスσ91.09近辺にまで上昇。ただし週足ではなお基準線93.81、転換線91.61の下でボリンジャーはマイナスσ90.40をようやく越したところで中期トレンドではまだ円高は転換していない。

ダウはさしあたり、堅調にみえるが、日経平均は、目先基準線をこえてきたものの、プラスσまでいかず、上昇局面に明確に入るにはもう一歩のところ。週足も基準線の上転換線の上ではあるが、TPの下で、上昇局面に転換したとはまだいえない水準。半信半疑でダウの後を追い、上昇しているというところだろうか。ドル円もだいぶ戻してきて目先の円高は終息したが、中期のトレンドはまだ円高であり、これが日経平均をためらわせている原因かもしれない。目先切り替えし始めた日経平均が雲の上限を10454あたりをこえてくる勢いがでてくるかどうか、あるいは硬い岩盤にぶつかって下落に転じるか、週足の転換線、ボリンジャーのプラスσあたりをこしてきて中期トレンドがきちんと上昇にてんじるかどうかを確かめたい局面だ。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。