agawaさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ10811件目 / 全25319件次へ »

金融関連株が軟調・亀井氏の「返済猶予制度」構想を警戒



プロミス(8574)など消費者金融、ノンバンクの一角が安い。業種別騰落率では「その他金融」が値下がり率1位。鳩山由紀夫内閣の郵政・金融担当相に起用される国民新党の亀井静香代表が打ち上げた「返済猶予制度」構想を警戒した売りが優勢となっているという。中小企業や個人住宅ローンの返済を猶予する制度だが、貸し手である銀行や金融会社にとっては、返済金が滞ることで資金繰りに影響を与えかねない。銀行よりもノンバンクに不利に作用するとの見方もあり、買いは手控えられている。

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2009/09/16(13:15)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。