収益性
29
活発度
0
人気度
51
収益量
46
投稿量
51
注目度
50

淀屋橋アキさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ52件目 / 全79件次へ »
ブログ

奇麗事ではやってられない。

とんとご無沙汰な淀屋橋です。
いやはやなんとも。

またまた朝日新聞「経済気象台」の自己解釈でも。

松下幸之助氏は外見は聖人君子だったがその実そうでもないようだったらしい。
それというのも生前、時々このようにコメントしていたそうだ。
「ビジネスは聖人君子の業ではない」と。
要するに聖人君子ではビジネスは出来ないってことね。
聖人君子がいけないわけではない。
その価値観が節がない世の中で信念を貫くという姿勢であり、特に「金銭」に恬淡・・・要するに無欲であっさりしているとする事を根本とする。
ビジネスってその逆で金銭を追っかけるものなのよね。
それでもビジネスにもルールがあって、儲かりゃいいってもんじゃない。
だけど利益を上げられない企業ってのも如何なものかと。
利益を上げられないばかりに被害が甚大になる事だってある。
事業を起せば従業員、株主、関与する人々を金銭的に潤して国に税金を納める義務が発生する。
一見、シンプルな理屈だけどいざとなるとそれが難しいんだな。
その理由はこの世の「金銭」は良くも悪くも魅力があって誰だって欲しい。
私だって欲しい。
それをかすめ取るのによっぽどの工夫や才能が必要。
それがビジネスなんだろうなって。
で、松下幸之助氏の言葉にプレイバックしてと。
前出でも述べた「ビジネスは聖人君子の業ではない」。
この言葉の裏にはそうした、”金銭をかすめとる工夫や才能が必要。
でもって聖人君子の姿勢じゃやってられない”って考えがあるんだろうな。
確かにそのとおりだ。
これもまた前出で述べたように従業員、株主、関与する人々、納税と背負っているものがある(男塾みたいやな)。
しかもその背負っているものが重いとなると奇麗事では背負いきれない。
うんうん・・・。
でもって聖人君子も度を越すと単なる独裁政治または恐怖政治なのよね。
奇麗事では崩壊するって事か。



それから・・・と。
こういう場で人を揶揄するのは如何なものかと思うのですが、敢えて揶揄します。
二度としてくれるなという意味で。
よく「みんかぶ」のメールフォームからメッセージを頂戴します。
正直、メチャメチャ嬉しいです。本当に嬉しいです。
・・・が、昨日初めて「はぁ?」な内容のメッセージを受信しました。
どのくらい「はぁ?」な内容かと申しますと・・・

・挨拶なし。
 挨拶無しの時点で自分には無理っす。

・いきなりタメグチ。
 あの~、自分は君の事なんて全然知らないっすよ?
 ガチな敬語を使えとは言いませんが、タメグチなんてそり
 ゃねーぜって感じ。

・意味不明な内容。
 某巨大掲示板風に申し上げますと「チラシの裏にでも書い
 とけ」な内容。
 ついでに言うなら押し付けがましい癇に障る内容でした。

そんなメッセージを受け取ると「あんた一体何者よ?」と思ってしまい当該者のページについついアクセスしてしまうのが人の心理の弱み(って私くらいか)。
で、アクセスするとこの当該者、アクセスランキング上位者だったのです。
これは飽くまで自分の邪推に過ぎませんが、ひょっとしてアクセス数稼ぎの為に無差別でメールを送りまくってんのかな?なんて邪推してしまうのです。
それこそ「これなんていうスパム行為?」って感じ。

要するにこういう事されるのが大嫌いってことなのよん♪
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
3件のコメントがあります
  • イメージ
    育成計画さん (対象外)
    2007/10/17(18:19)
    こんにちは。
    お怒りごもっともです。

    > こういう場で人を揶揄するのは如何なものかと思うのですが

    これだけでは個人が特定できないですね、
    セーフです(笑)

    これだけサイトが大きくなると、
    どうしても不愉快な行為が目に入ってきてしまいます。
    気にしないのが一番ですが、
    せっかく得たエネルギーを上手に利用してやりましょう。
    (怒りや悲しみエネルギーを、創作エネルギーに変える、など)


    聖人君子の話ですが、
    その聖人中の聖人である孔子も、
    けっこう人間くさいところがあったと思います。
    むしろ、弟子や後代の人がどんどん「聖人」というイメージを作り上げて行く。
    松下翁もそうでしょうし、世界のメジャーな宗教の教祖も、
    実態とはかなりかけ離れた聖人ぶりに修正されているのでしょうね。

    私思うのですが、
    本当にビジネス的なセンスが全く無い「聖人」がいたら、
    きっと世の中に役立つ大事業は起こせないと思います。
  • イメージ
    こんにちは、淀屋橋アキさん
    >ひょっとしてアクセス数稼ぎの為に無差別でメールを送りまくってんのかな?なんて邪推してしまうのです。

    あかんなぁー「月に変わってお仕置き」ですね(^^ゞ

    松下幸之助氏の話、私は詳しいほうではないですけど、
    なんとなくわかるなぁーって気がしました。
    利益を上げるのが企業ではないし、それ以上に大切なものがあると思います。(それはみんかぶもおんなじなんだけど(^^ゞ)
  • イメージ
    >株育成計画2さま
    こんにちは~!
    ユーザ人口が増えるにつれて質が落ちる・・・なんて事は避けたいですね。
    ただ、今後こういう輩はスルーの方向でいきたいかな・・・と。

    聖人君子と聞くと、どうしてもマザーテレサのような人を想像しがちです。
    だけど、聖人だけでは如何なものかと思うのです。
    おっしゃるとおり、ビジネス的なセンスが全く無い「聖人」って成功は無いでしょうし、最悪、社会の迷惑になる危険もあるわけで・・・。

    >松下翁もそうでしょうし、世界のメジャーな宗教の教祖も、
    >実態とはかなりかけ離れた聖人ぶりに修正されているのでしょうね。
    これって、”聖人”の解釈を修正したという事でしょうか?
    きっと想像しがたい解釈なのかも知れませんね。

    >みやまなさま
    「月に変わってお仕置き」・・・セーラームーンですか(笑)。
    今ならプリキュアってとこでしょうか(笑)。

    利益を上げてからの姿勢が企業としての資質を問われるのではと思います。
    したたかにワルの一面をのぞかせつつも、背負っているものを守るんだろうなって思います。
    だって背負っているものの生活がかかっているんですもの。それと企業の信頼もね。
    ところが、利益をあげればそれでOKな姿勢だと、昨今ニュースを賑わせている赤福や白い恋人のようになるんだろうなって思います。
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。