agawaさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ10913件目 / 全25319件次へ »

ドイツ証券が大手商社の投資判断を新規に「Buy」に



ドイツ証券が大手商社株の投資判断を新規に「BUY」とした。
伊藤忠商事(8001)に対しては「中国での繊維・食品需要回復や原油など資源価格上昇から、業績トレンドは上向き。割安感が強い」として目標株価を930円とした。
丸紅(8002)に対しては「原油価格回復や中国穀物ビジネスの伸びによる業績拡大が見込まれる」として目標株価を760円とした。
三井物産(8031)の目標株価を1360円とした。
住友商事(8053)に対しては「資源系ビジネスのウエートが総合商社の中で低いとは言え、銅など資源価格上昇のほか、メディアや鉄鋼など非資源ビジネスの伸長もあって業績は拡大基調となる見通し」として目標株価を1260円とした。
三菱商事(8058)に対しては「来期には数量回復により、再来期には資源価格上昇などから二けた増益が続くと期待。割安」として投資判断を2310円とした。
株価は丸紅、住商は高く、伊藤忠、三井物産、三菱商は安い。

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2009/09/11(09:29)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。