収益性
83
活発度
49
人気度
67
収益量
73
投稿量
100
注目度
84

ひさっちさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ1929件目 / 全3060件次へ »

「信じがたい」「荒唐無稽」=鳩山代表の「25%減」に産業界

鳩山代表の温暖化ガス排出25%削減の発言に産業界が大反発。

確かにこれやろうとしたら鉄鋼業界なんて大打撃でしょう。

NHKのニュースではホンダの社長が到底無理って発言してましたね。

一世帯あたりの負担額も36万円増。
これも税金です。

自民党は15%削減って言ってたのに、なんで大風呂敷広げて25%なんて言い出したのか?

まあ実はこれ、選挙前に自民党がこの事言ってたんですよね。新聞広告にまで載せていたのにw
でもマスゴミとミンスはネガキャンだと言い張って、論点を逸らすのに大成功したんですけどね。

ミンスに投票した人だけ喜んで36万円の負担増を受け入れて欲しいものですわ。




「信じがたい」「荒唐無稽」=鳩山代表の「25%減」に産業界
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009090700552

 民主党の鳩山由紀夫代表が7日、2020年の日本の温室効果ガス排出量を1990年比で25%削減する同党の目標を堅持する考えを表明したことに、産業界から困惑や懸念の声が相次いだ。
 日中経済協会の訪中代表団に参加している新日本石油の渡文明会長は同日、北京市内のホテルで記者団に「にわかに信じがたい。真意を確かめたい」と述べ、鳩山代表が大幅な削減目標を国際公約しようとしていることに懸念を表明。別の大手企業トップも「せっかく景気が戻ってきているのに」と困惑の表情を浮かべた。
 また、訪中団団長の三村明夫新日本製鉄会長は「国民生活、経済界にとって大事な案件。しっかり議論して結論を出してもらいたい」と慎重な対応を求めた。
 神戸商工会議所の水越浩士会頭(神戸製鋼所相談役)は記者会見で、「荒唐無稽(むけい)もいいところだ」と批判。「国益に反するのは間違いなく、(国内では)生産活動ができなくなる」と述べ、この案を推進すれば生産拠点の海外移転が加速するとの見通しを示した。
 一方、日本鉄鋼連盟の宗岡正二会長は、鳩山代表の発言について「(米国や中国など)すべての主要国参加による意欲的な目標の合意を『前提』とした点は、鉄鋼業界と共通している」と指摘。その上で「国際交渉ではその姿勢を堅持し、公平かつ実効性ある枠組みづくりに全力を尽くしてほしい」と強調した。 (2009/09/07-20:03)
登録日時:2009/09/08(19:13)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。