agawaさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ11135件目 / 全25319件次へ »

大引け概況(9月1日)



大引け
■日経平均:10530.06(△37.53)
■TOPIX:968.77(△3.04)
■売買高概算:1652.64百万株
■値上がり銘柄数:880
■値下がり銘柄数:636
■日経JQ平均:1256.41(△1.97)
■マザーズ指数:457.61(△9.09)
■ヘラクレス指数:640.51(△4.67)
■ドル円:93.06 - 93.08
■ユーロ円:133.75 - 133.80

昨日の米国株式市場は、上海株式相場の急落が嫌気され安くなった。しかし東京市場は昨日の段階で上海株安をある程度織り込んでおり、寄付き段階での下げは小幅にとどまった。日経平均は39円安で始まった後、プラスに転じた。朝方発表された中国の8月製造業購買担当者景況感指数(PMI)が54.0で前月の53.3を上回ったことや、上海株式市場は落ち着いた動きとなったことでやや安心感が広がった。

後場に入って日経平均はやや上げ幅を拡大する場面があったが、上値を追う動きとはならず、その後はプラス圏で概ね小動きとなった。商いが薄く、指数は比較的おとなしい動きとなったが、久々に新型インフルエンザの一角が物色され、GSユアサが商いを膨らませるなど、個人投資家の物色意欲の高まりを指摘する向きもあった。

NASDAQ、ヘラクレス、マザーズはやや売り先行で始まった。その後、マザーズ、ヘラクレスはプラスに転じた。後場は3市場とも買い優勢。日経JASDAQ平均もプラスに転じた。

■1部売買代金上位(株価:円)
東 芝 491 (△13)
GSユアサ 814 (△3)
三菱UFJ 595 (△1)
みずほ 225 (▼3)
トヨタ 4020 (△30)
キヤノン 3600 (△30)
オリックス 7120 (▼30)
ホンダ 2970 (△35)
三井住友 4010 (±0)
野村HD 820 (▼3)

■1部上昇率上位(株価:円)
TCM 189 (△49)
ゼクス 1229 (△159)
エアーテック 819 (△100)
くらコーポ 263600 (△30500)
内田洋 347 (△35)
日信工業 1345 (△133)
NECエレ 1015 (△100)
SUMCO 2090 (△190)
イエローハット 908 (△79)
トヨタ紡織 1793 (△150)

■1部下落率上位(株価:円)
新日科学 753 (▼100)
ロプロ 27 (▼2)
もしもし 1712 (▼98)
東京電波 759 (▼41)
ベネッセ 4360 (▼210)
ユシロ 化 1426 (▼63)
明光ネット 556 (▼21)
OSG 931 (▼35)
東洋建 54 (▼2)
片 倉 1032 (▼37)

■1部業種別騰落率上位
精密機器 △1.54%
輸送用機器 △1.25%
保険業 △1.13%
金属製品 △1.02%
ガラス土石製品 △0.99%

■1部業種別騰落率下位
海運業 ▼1.14%
倉庫運輸関連 ▼1.12%
サービス業 ▼0.61%
鉄鋼 ▼0.55%
卸売業 ▼0.34%

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2009/09/01(15:10)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。