天地人さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ2701件目 / 全3483件次へ »

船井財産コンサルタンツ 2009年12月期 中間決算発表

791ca863c 

先週末に所有銘柄2社の決算発表がありましたが、まずは問題が多そうな8929 船井財産コンサルタンツの中間決算から(→リンク)。合わせて通期業績予想の下方修正を発表しています(→リンク)。

まずは通期の下方修正から見ていきます。

修正前→売上;123億  営利;7億   経利;4億     当期純利;4億
修正後→売上;69億    営利;-6億  経利;-11億 当期純利;-16億

実に売上で約44%の下方修正、そして通期でも赤転・・・とは言え、どちらも中間期の下方修正時点で予想された事で想定内でしょう。通期の売上69億という数字を見るに、下期に今抱えている販売用不動産の大半を処分する計画みたいですね。ポイントは、下期は営業黒字の予想になっている事。上期は赤字で不動産を処分していましたが、下期はもう少し良い価格で売れると見ているんでしょうか。

続いて、中間決算を見て行きます。

2009中       売上;23億  営利;-8億  経利;-12億  当期純利;-18億
2009通(予想) 売上;69億  営利;-6億  経利;-11億  当期純利;-16億
2008中(前年) 売上;80億  営利;12億  経利;8億     当期純利;5億

最近恒例の財産コンサルティング収益をチェックしておくと、四半期の推移で14.5億→5.5億→4.9億→7.0億→4.6億→3.9億で、先日の下方修正時点から更に若干の下振れ。その一方で、販管費を前四半期と比べて7.5億→4.1億とかなり削っていますね。下期、特に第四半期は希望退職者募集による効果(年間で160百万・・・四半期で40百万円くらいでしょうかね)も見込まれますので、今後も販管費の推移は注目です。

あとはB/Sとキャッシュフロー。B/S上は販売用不動産の売却が上手く回れば、資金繰りに行き詰まるという事は無さそうです。フリーキャッシュフローはプラスですし、財務的には大きな問題は無いかなと。

最後に株価ですが、通期は下方修正したとは言え、まあ織り込み済のレベルなので、さほど売りは出ないかなと思います。配当予想を据え置いたのも株価の下支えにはなるでしょうし、米不動産市況の底打ち期待で日本でも不動産関連が買われるようなら下げずに済む可能性もあるかなと。あくまでも、希望的観測ですが(^^;
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2009/08/09(21:10)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。