収益性
88
活発度
99
人気度
100
収益量
100
投稿量
100
注目度
100

yoc1234さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ13504件目 / 全15981件次へ »
ブログ

株 原油 FX

株 原油 FX 2009年07月15日
景気見通し改善で英、欧州株式市場=続伸、銀行・鉱山株が上昇。5月の米企業在庫は前月比‐1.0%在庫が減っていることで景気の底打ち感が出ている。6月の米小売売上高は+0.6%、自動車・ガソリン高が押し上げた。7月独ZEW景気期待指数は予想下回る、9カ月ぶり低下で、ユーロは安い。
米CITの株価が大幅上昇、政府支援への期待高まった。米ゴールドマン・サックスの第2四半期は33%増益で、S&Pは投資評価や利益予想を引き上げた。米FRBが75億ドルの国債買い入れ、償還期限11年5月─12年4月また、ドルを市中にばら撒いているようだ。まるで打ち出の小槌だ。ドル安要因の一つだ。多少の上下動はあるが、インフレになるまでは下げそうだ。まだまだ2%~4%までも行っていない。原油は下げ、円安になっている。

6月の米PPIは予想上回る+1.8%、07年11月以来の大幅な伸び
欧州議会議長にブゼック元ポーランド首相、東欧出身で初
10日時点のユーロ圏中銀外貨資産25億ユーロ増、金準備200万ユーロ減=ECB
米国株式市場・寄り付き=小動き、前日の大幅高受け様子見
6月の米卸売物価指数(PPI)総合指数は予想を大きく上回って上昇したが、市場は米ゴールドマン・サックス・グループ(GS.N)やジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)(JNJ.N)の決算内容が予想を上回ったことの方に大きく反応した。(ロイター)

Dow 8,359.49 +27.81 +0.33%
Nasdaq 1,799.73 +6.52 +0.36%
S&P 500 905.83 +4.78 +0.53%
10 Yr Bond(%) 3.4470% +0.1010 (ヤフーファイナンス)


英 FTSE100 4,237.68 +35.55 +0.85%
独 DAX 4,781.69 +59.35 +1.26%
仏 CAC40 3,081.87 +29.79 +0.98%

日経平均 9,261.81 +211.48 +2.34%
香港 ハンセン 17,885.70 +631.10 +3.66%
台湾 加権 6,639.41 +108.59 +1.66%
市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 期近 59.46 -0.23
NYMEX金先物 7月限 923.0 0.3
NYMEX白金先物 7月限 1122.1 17.3
NYMEXガソリン 期近 1.6408 0.0014
主要通貨 対円レート
米 ドル (USD) 93.339996
ユーロ (EUR) 130.130005
英 ポンド (GBP) 151.949997
オーストラリア ドル (AUD) 73.680000
ニュージーランド ドル (NZD) 59.310001
カナダ ドル (CAD) 82.199997
スイス フラン (CHF) 85.580002
中国 元 (CNY) 13.661841


(ロイターより抜粋)
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
1件のコメントがあります
  • イメージ
    yoc1234さん (593.55point)
    2009/07/15(08:34)
     7月14日(ブルームバーグ):世界最大の半導体メーカー、米インテルの株価が14日の時間外取引で、一時8.4%上昇した。同社が取引終了後に発表した2009年7-9月(第3四半期)の売上高と利益率見通しがアナリスト予想を上回り、パソコン需要が回復している様子が示されたことが好感された。

    インテルは発表文で、7-9月期の売上高は約81億-89億ドルとの見通しを示した。ブルームバーグがまとめたアナリスト予想平均は78億6000万ドル。粗利益率(売上総利益率)の見通しも約53%と、予想を上回った。

    4-6月(第2四半期)の売上高は前期比12%増と、前期比ベースで1988年以降最大の伸びを記録。リセッション(景気後退)により落ち込んだ受注は回復しているとの半導体業界の自信が裏付けられた。インテルによると、中国を中心にアジアの個人向けパソコン需要が業績回復をけん引したという。




    これが、5時過ぎに発表され、円安になっている。
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。