収益性
0
活発度
48
人気度
51
収益量
0
投稿量
71
注目度
51

映画ずきのしんちゃんさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ692件目 / 全1057件次へ »
ブログ

目先調整

22日の日経平均は9826.27(+40.01)。転換線9910を回復できず、基準線9584は維持しているが、MACD、RCIは下降中で目先の調整色が徐々に強まっている。NYにつられて下げ、基準線を割ってくれば本格調整入りとなる。週足は雲の中、まだ転換線9332の上で上昇基調ではあるが、転換線が雲の下限とぶつかっており、抵抗帯にはいってきている。週足RCIが下げ始めていて、中期的にも頭がおもくなってきている。ただし月足は転換線9225をぬけてきたところ、ボリンジャーバンドはプラス2シグマに近づいてボリンジャーは狭まっており、長期的にはなお上昇トレンドを保っていると思われる。

ダウは8339.01(-200.72)。基準線8549を大きく割ってきている。雲の上限8256をめざす動きとなっている。MACD,RCIも下降中で、ボリンジャーはマイナスσ8391を割り込んでおり、目先調整にはいった。週足でも転換線8334を割ってきているが、基準線7779は維持している。ただRCIもさげており、ボリンジャーはTP8309近辺まで下げて、バンドもせばまっており、これから下げてくる可能性が高い。ただ月足の転換線8676はまだ抜けられていないが、ボリンジャーはせばまり、上昇へと向かう兆しは保っている。

一方ドル円は95.93と、基準線96.36をまた円高に抜けてきた。まだボリンジャーのマイナスσの内側で明確なトレンドにはなっていないが、週足基準線94.79近辺にきており、これを割ってくると、三角持合を下抜けて円高トレンドが発生する可能性が出てきている。

世界銀行の景気見通しが史上最悪ということを材料にNYが大幅な下げとなった。ダウが目先調整入りしたのにつられて、東京も目先調整に入る可能背が高い。中期のトレンドを壊してしまう下げになるかどうかが注目だろう。米国債とそれに連動した為替の動きが要警戒だ。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。