ストリートアナリストさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ534件目 / 全557件次へ »

医療食品業界の分析:その4

36f396263 

今回は、医療食品業界において圧倒的なシェアを持つ企業、日清医療食品を紹介します。

日清医療食品は、前回の日記で示したように、医療食品分野のトップ企業です。
2006年の売上が1797億円、営業利益が159億円です。過去5年間の平均で売上高は年11%、営業利益は17%伸長しています。詳しくはみんかぶサイト内で業績検索ができます。

他給食業者の買収も積極的に実施しており、過去2年間で4社を吸収しています。また、フレンチレストランとアドバイザリー契約を結ぶなど、高級給食の提供へ向けた準備も進めています。

株価の推移を画像1に示しました。医療保険の算定方式の改定に加え、70歳以上の入院患者の食費負担増額(H18年10月~)、介護施設の食費自己負担(H17年10月~)など、制度改定が業績に悪影響を及ぼすと懸念された結果、株価は値下がり傾向にあります。

おそらく短期的には、上記の改定が業績にマイナスに働くものと予想できます。

※次回は日清医療食品の業績予想を紹介します。
登録日時:2007/05/25(00:11)

 通報する

このブログへのコメント

1~1件 / 全1件

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。